エーペックスレジェンズ:中国人プレイヤーが「チート対策チート」を開発? ただし証拠は見つからず

エーペックスレジェンズ:中国人プレイヤーが「チート対策チート」を開発? ただし証拠は見つからず

これまで35万5千人のチーターをBANしていたことが明かされた『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ですが、中国のプレイヤーがチートを利用することでチート対策プログラムを開発したとの情報が広まり、その対応の速さと「チーターが多い」とされる中国人たち自身が開発したというストーリーが世界中で話題を呼んでいます。

チートを使用したチート対策「アベンジャーズ・アンチチート」?

爆発的な人気とともにチーターへの対策が急務となっている本作ですが、PC版で35万5千人のチーターをBANした後もチーターはプレイヤーにとって頭痛の種であることは変わりません。

多くのプレイヤーがチーターの数が多いとされる中国リージョンを分けることを提言するなか、チーターやハッカーと戦うために立ち上がったのがその中国のプレイヤー。チートやハックに対抗するためのサードパーティーのプログラムを開発して公開したとのこと。

チート対策プログラム

RedditユーザーのSilentRedBoi氏によると上記のイメージが該当のプログラムとなっており、一般的に使用されているチートへの対策が施せるとしています。

  • オートエイムを阻害
  • スピードハックを通常速度に戻す
  • チーターへのウォールハックを適用
  • チーターの情報を含んだファイルをデスクトップに生成する便利な通報システム

ただし証拠はなし

ここで皮肉なのがサードパーティーのツール使用が想定されていない本作では、この対策プログラム自体もハックに該当するものになり、チートを止めるためのアルゴリズム自体も実際はチートに該当することです。ただしこれらの機能を持った「チート対策チートプラグラム」自体は公開されていないようで、現時点では本当に実在するのか分かっていません
追記:コンセプトアートとして制作されたものが本物として伝わったとの噂です。

チーターの代表格である中国人自身がアンチチートシステムを作成し、ゲームを愛するプレイヤーのパワーを見せつけるという楽しいストーリーだとは言えます。

Respawnの正式な対応が急務

チート

フェイクにせよ妄想にせよ、チーターの報告が簡単にできるようなシステムがまだ実装されていない本作ではアンチチートシステムの完成は急務。Respawn Entertainmentはアンチチートとチーター報告システムの実装が近日中に行われるとしています。

関連記事エーペックスレジェンズ: 35.5万人のチーターBAN、PCにリポート機能実装、再接続機能は予定なしなど

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: reddit, dexerto

コメント

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    まぁ開発ですら検出できないのにそんなチート作れるわけ無いわな

  2. By 匿名

    中国=害

  3. By 匿名

    中華は害悪でしかないから隔離してほしい

  4. By 名無し@特殊部隊員

    どうでもいいから中国人は中国サーバーだけでやらせろ。それだけで激減する。

  5. By 匿名

    デマ情報拡散するような記事はあまり好きじゃないなぁ…

    • By 神猫

      どこらへんがデマなんですか?記事をしっかり読まない人が勝手に勘違いするだけだと思うけど…

      • By 匿名

        主とは無関係だけど
        たぶんウイルス対策の偽物と同類ような気がするんだよな。

  6. By monmon

    これチートを制作してる業者自体がこのアンチチートを販売していて武器商人してるって言うのをAL海外ニュースとか言うまとめアカウント的なもので聞いたんだけど・・・

神猫 にコメントする コメントをキャンセル