レインボーシックス シージ:アップデート配信、“ライオン”と“カピタオ”リワークやリバースフレンドリーファイヤーなど(TTS)

レインボーシックス シージ:アップデート配信、“ライオン”と“カピタオ”リワークやリバースフレンドリーファイヤーなど(TTS)

ユービーアイソフトはPC版『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のテストサーバーへアップデートを配信しました。このアップデートではイヤー4ロードマップで公開されていたLionリワークやリバースフレンドリーファイヤーが実装されています。またシーズン1配信直前でキャンセルされていたCapitaoリワークも再調整されています。

レインボーシックスシージ オペレーターのバランス調整

レインボーシックス シージ アップデート

LION(ライオン)

レインボーシックスシージ ライオン

  • アビリティ使用前の警告を3秒から1.5秒に減少
  • スキャン時間を4秒から2秒に減少
  • スキャン効果をアウトライン表示ではなく赤色のピン立てに変更
  • チャージ数を2から3に増加
  • アビリティのクールダウン時間を27秒から15秒に減少
  • Vigil(ヴィジル)のアビリティ「ERC-7 クローク」で Lionのスキャンを無効化できるように

2つのフェーズ(警告とスキャン)の時間を減らすことで、Lionのアビリティの全体的な持続時間を短縮しました。現在は合計7秒ではなく3.5秒しか持続しません。露出させられる時間が大幅に短縮され、効果の長さによるフラストレーションが減少しています。

また、スキャンをアウトラインからピン立て(Alibi(アリバイ)の探知と同じように機能)に変更することで、敵の検出の利便性も減少させています。具体的に言えば、検出されたプレイヤーは1秒間隔で最大3回ピン表示されます。この変更により、スキャン中の移動はより現実的な選択肢となり、防衛側はLionの検出に対抗することができます。

全体のバランスをとるために、使用回数を3に増やし、アビリティのクールダウンも減らしました。

CAPITAO(カピタオ)

レインボーシックス シージ カピタオ

  • チック毎のダメージを19から12に減少
  • 範囲が最大になるまで2秒を要するように
  • 矢は10メートル以降で重力の影響を受けるようにに

前回のテストサーバーから収集したフィードバックに基づいて、Capitaoのリワークを行いました。フィードバックを念頭に置いて、効果範囲が広がるまでにかかる時間を調整し、ダメージを受ける前にプレイヤーが移動できるようにしました。

10メートル以降で、矢の軌跡が落下し始めます。窒息ガスボルトを設置するのによりスキルが必要にしたいと考えていますが、同時に攻撃側が防御側をスポーンキルできていたエクスプロイトの有効性も減らしたいと考えています。

プレイヤー行動

リバースフレンドリーファイヤー(詳細記事

レインボーシックス シージ:同士討ちのダメージが反射する「リバースフレンドリーファイヤー」実装へ

テストサーバーでリバースフレンドリーファイヤーを有効にすることを計画しています。これは、トキシティー(有害プレイヤー)に対処するために取り組んでいる最新の機能です。

このシステムの目的は、アクシデントによるフレンドリーファイアーへの柔軟性を一定維持しながら、プレイヤーがフレンドリーファイヤーを悪用することによる影響を封じ込めることです。テストサーバー上のランクプレイリストとカジュアルプレイリストの両方からデータとフィードバックを収集し、正式リリースする前に繰り返します。

関連記事

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft

コメントする