レインボーシックス シージ:同士討ちのダメージが反射する「リバースフレンドリーファイヤー」実装へ

レインボーシックス シージ:同士討ちのダメージが反射する「リバースフレンドリーファイヤー」実装へ

UBIは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のテストサーバーにて、チームキルを行ったプレイヤーへダメージが反射する「リバースフレンドリーファイヤー」をテスト中であることを発表しました。

「リバースフレンドリーファイヤー」の概要

  • 銃やガジェットで仲間や人質にダメージを与えると、そのプレイヤーの画面に警告メッセージが表示。
  • 故意のチームキルが認定されたら、違反プレイヤーをキックする代わりにマッチを通して「リバースフレンドリーファイヤー」が有効になる。
  • この「リバースフレンドリーファイヤー」が有効になると、違反プレイヤーの画面に通知メッセージポップアップし、違反プレイヤーのステータス変更がマッチ内の全プレイヤーにキルフィードで通知される。
  • チームキルの認定後、仲間や人質に与えたダメージはプレイヤー自身に反射。
  • ガジェットでのダメージはガジェットに反射。
  • 違反行為の繰り返しが認められた場合はUBIが制裁措置をとる場合がある。
レインボーシックス シージ:同士討ちのダメージが反射する「リバースフレンドリーファイヤー」実装へ
アラート表示
レインボーシックス シージ:同士討ちのダメージが反射する「リバースフレンドリーファイヤー」実装へ
リバースフレンドリーファイヤーが有効になった

UBIはこのシステムの目標を、「フレンドリーファイヤーの仕組みを悪用するプレイヤーの影響を抑制しつつ、それでも事故は起こり得るという柔軟性を保つこと」だとしています。

正式実装前に、テストサーバーのランクとカジュアルでフィードバックを収集するとのことですが、ゲーム体験をより良い方向に変更するアップデートとなることに期待しましょう。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: ubisoft

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    過去にBF2に存在した”チームキルした人を赦すか赦さないか”の選択が欲しいなぁ。
    それによってBANが決まるシステムになって欲しい。
    FFあってこそのリアルだと思うし、リバースフレンドリーファイヤーを悪用した戦術が生まれそうで怖い。(味方がいても気兼ねなくC4で敵を吹き飛ばしたり)

  2. By 匿名

    チームキル廃止するとFUZEが最強になるから駄目です

コメントする