オーバーウォッチ:ゲームを大幅に変化できる革新的な新機能「ワークショップ」登場、まったく新しいゲームが生まれる予感

オーバーウォッチ:ゲームを大幅に変化できる革新的な新機能「ワークショップ」登場、まったく新しいゲームが生まれる予感

Blizzard Entertainment3周年アニバーサリーイベントを開催中の『Overwatch(オーバーウォッチ)』へ、本作をまったく別のゲームにするほどの革新的な新機能「ワークショップ」を追加しました。「ワークショップ」はPC版のテスト環境で事前提供されていたサービスで、今回すべての機種で正式リリースとなりました。

新機能「ワークショップ」

「ワークショップ」登場 | オーバーウォッチ

「ワークショップ」は簡易的なゲーム・スクリプト・システムを組み込むことで、ゲーム・ブラウザーのカスタマイズ機能を大幅に拡張したもの。ヒーローの移動やアビリティ能力だけでなく、ルールや勝利条件までも変更することができます。たどり着くまでが少し複雑ですが、「プレイ」→ 「ゲーム・ブラウザー」→ 「作成」→ 「設定」→ 「ワークショップ」から作ることができます。

オーバーウォッチ:ゲームを大幅に変化できる革新的な新機能「ワークショップ」登場、まったく新しいゲームが生まれる予感
ワークショップ設定画面。かなり複雑なゲームを作ることができる。

作ったゲームはコードを作成することで、機種の垣根なくフレンドやコミュニティにシェアできます。スクリプトの詳しい作成方法は公式サイトで確認しましょう。

どんなゲームが作れる?

「ワークショップ」ではすでに空中浮遊するD.Vaだらけのゲームや、ファラの横スクロールアクションゲームなども登場しています。

floor is lava
地面が溶岩の溶岩チャレンジ (floor is lava) や…
smash
某大乱闘ゲームのような横スクアクション
race
ルシオのレースゲームまで

新たなゲームが生まれる可能性も

このような公式MODによって生まれた作品は数知れず。最近では『Arma 2』のMODを手がけたPLAYERUNKNOWN氏による『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』や、『Dota 2』MODの『Auto Chess』などがあります。『フォートナイト』もマップを作成できる「クリエイティブ」機能に力を入れており、「バトルロイヤル」マップへ採用するブロックパーティを開催しています。

今回もワークショップ機能によって新たな名作が生まれるかもしれません。多種多様なゲームを作れる反面、複雑なスクリプトを組む必要がありますが、EAAでも何かゲームを作って皆と遊べたらと考えています。

面白いワークショップ作品を作った・見つけたという方は、ぜひEAA!!へ情報提供してください。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。


コメントする