有名配信者がE3でトイレから生配信してTwitchをBAN、「キャラになりきりすぎた」と謝罪文を公開

有名配信者がE3でトイレから生配信してTwitchをBAN、「キャラになりきりすぎた」と謝罪文を公開

E3 2019でトイレから生配信という暴挙を犯してしまった有名配信者Dr Disrespectの中の人Guy Beahm氏が謝罪文を公開しています。

Dr DisrespectがTwitchをBANされる

その見た目、行動、キャラクター性から配信者コミュニティで絶大な知名度を持つDr Disrespect。 そんな彼はE3 2019で会場の様子を生配信する「IRL (In Real Life)」を実施していましたが、一般客も利用している会場の公衆トイレに入りそこから生配信をするという暴挙を実行。当然、配信にはトイレの利用者の姿も映ることに。 その結果、トイレから出たDr Disrespectを待っていたのはTwitchのBANとE3 2019の入場券無効化というペナルティでした。

Dr Disrespect
トイレから生配信してBANされたDr Disrespectはミームの的に

Dr DisrespectがBANされたことで他の配信者たちによるイジりが早速行われました。

それから2週間が経過した先週、TwitchはDr DisrespectのBANを解除しましたが、Dr Disrespectは復活を告知するようなツイートはしたものの記事執筆時点ではそれ以外のSNS上での活動はしていません。そんな中、本日Dr Disrespectの中の人であるGuy Beahm氏がE3 2019で行った行為について謝罪文を掲載しました。

Dr Disrespectの謝罪文

最後にツイートした2017年10月11日以来沈黙を続けていた中の人のアカウント @@GuyBeahmが突然「Dr DisrespectがE3でBANされた件について」とツイートをしました。

I’d like to talk about Dr Disrespect’s Twitch ban from E3.

This was my first IRL stream as the Doc and if it’s not obvious by now, one of the things I try to stay true with is authenticity. Real life personas are so difficult to pull off, especially in today’s society. Doc is edgy, highly opinionated, cocky, etc. and that certainly adds to the difficulty in staying authentic without offending anyone on a deeper, personal level. When we were walking around filming at E3, we clearly weren’t thinking about the laws/repercussions of filming in the bathroom because honestly, it wasn’t in our mind frame at the time. We were sort of ‘all in’ with the Doc livestream experience and capturing the E3 event through the character. We were so into the E3 IRL journey that we became a little blind in what’s ok and what’s not ok. We had no ill intentions and I feel that was pretty obvious if you watched the entire thing. We wanted to capture an adventure, unfortunately we took that adventure into the wrongs areas unaware of the legalities surrounding it. On behalf of the Dr Disrespect brand, I apologize for this.

I’ve sat back and absorbed a lot of opinions on the incident and the aftermath. I think those that have followed me for years outside of the character, even before Twitch, know what kind of person I am. I have an incredible support system from family, friends, business partners, community and following. I’m very lucky to be considered an influential person in this entertainment space. Believe me, I don’t take it for granted. We are working on a lot of things (that take time) that will hopefully continue to elevate the brand and gaming entertainment as a whole into the main stream space. I have a ruthless passion for creativity, for entertaining people, making people laugh, growing new tools and tech etc. This incident was a step back, but like anything, we learn, become stronger, and move forward. If you follow the brand or myself, I hope you continue to stay with me on this vision.

前半はなぜこのような暴挙を行ってしまったかの説明と謝罪、後半はファンやコミュニティに向けてのメッセージとなっています。前半を要約すると「Dr Disrespectとして初めてのIRLをE3で行ったが、Drという過激なキャラクターを演じる上での難しさと、初めてのIRLということで、法や規則について考える余裕を失い見落としてしまいました。Dr Disrespectのブランドを代表して謝罪します」となります。

Twitch上で348万人ものフォロワー数を誇る有名配信者が巻き起こしてしまった事件ですが、過激なキャラクターであるからこそ人気があり、だからこそ常に一歩下がって全体を見つめられる視点を持つことの大切さと大変さがよく分かります。

なお、Dr Disrespectが2週間のBANで済んだことにはTwitchを批判する声もあり、7月6日と予想されるDr Disrespectの復活日はTwitchのサーバーが耐えられるのか興味深いところです。

Source: @GuyBeahm, Dr Disrespect

コメントする