ディビジョン2: マッチングありレイドを含む無料DLC「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」が7月23日配信

ディビジョン2: マッチングありレイドを含む無料DLC「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」が7月23日配信

本日、ユービーアイソフトは『ディビジョン2(Tom Clancy’s The Division 2)』の1年目に配信予定の4つの無料大型コンテンツアップデートの2番目となる「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」を7月23日に配信すると告知しました。

エピソード1 DC郊外: エクスペディションとタイトルアップデート5

拡張ダウンロードコンテンツが基本無料の『ディビジョン2』ですが、ストーリーを掘り下げる「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」が7月23日にYEAR 1パス所有者に先行配信され、それから1週間後の7月30日に一般解禁されます。エピソード1の先行配信に合わせてゲームバランスやQoLの改善、要望の多かったマッチメイキングを実装したレイドがプレイ可能になる全プレイヤー向けのタイトルアップデート5も7月23日に配信されます。

2つの新ミッション

「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」にはメインストーリーの続きとなるミッションが2つ用意されています。 どちらもワシントンD.C.内ではなく外部に専用マップが作られています。

  • マニング国立動物園: 敵対勢力の一つ「アウトキャスト」のボス「エミリーン・ショー」が動物園を占領し力を蓄えている
  • キャンプ・ホワイト・オーク: 森林地帯の施設を襲撃し、大統領でありながらエージェントを裏切ったアンドリュー・エリスに裁きを下す
ディビジョン2: マッチングありレイドを含む無料DLC「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」が7月23日配信
アウトキャストのリーダー「エミリーン・ショー」と決着をつけろ

週替わりコンテンツの「エクスペディション」

「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」で追加される新コンテンツ「エクスペディション」では、プレイヤーはケンリー大学というキャンパスに飛び、そこで生存者がいないか謎を解くことになります。ここの舞台も専用マップとなっており、週ごとにアクセスできる建物が変更されます。そこにある謎をすべて解くことで報酬部屋にアクセスできます。

新しいエキゾチック装備2種と2つの新銃

7月23日のタイトルアップデート5ではゲーム内に新たにエキゾチックライフル「ダイヤモンドバック」とエキゾチックグローブ「BTSU グローブ」が追加。 また、新アサルトライフルの「カービン 7」と新ライトマシンガン「ストーナーLMG」も追加されます。

クラシファイド任務

YEAR 1パス所有者限定コンテンツである「クラシファイド任務」が2つ追加されます。

マッチメイキングありのレイド「オペレーション・ダーク・アワーズ」

『ディビジョン2』の目玉コンテンツとして発表され5月に実装されたレイドですが、レイドの難易度を即席パーティではクリアできず最高の体験をできないとの判断からマッチメイキングは見送られました。 Massive EntertainmentはDiscordなどの外部ツールを用いて一緒にプレイできる相手を見つけることを推奨していましたが、多くのプレイヤーは未だにプレイする機会がありませんでした。 これを反省し、ノーマル難易度よりもギミックと敵の強さを下げマッチメイキングも搭載したいわゆるイージーモード的な難易度「ディスカバリー・モード」が用意されます。

このモードは7月23日に全プレイヤーにむけて開放されます。「ディスカバリー・モード」はノーマルと同様に、ホワイトハウス横のヘリコプターのパイロットに話しかけて選択することでマッチングが開始されます。マッチメイキング次第ではいきなりラスボスと戦っているパーティーに補充として放り込まれることもあるので注意が必要です。

先立って行われた公開テストサーバー(PTS)でのテストでは、レイド限定エキゾチック武器「イーグル・ベアラー」を除きノーマルモードと遜色ない戦利品が手に入ってしまいました。これがコミュニティ内で議論を巻き起こし、開発側も現時点で「イーグル・ベアラー」はノーマル限定にすべきか否か決めあぐねており、後日詳細を発表するとしています。

クラフティングの仕様変更

タイトルアップデート5では、これまでは最高でギアスコア490のものしか作れなかったクラフトにも変更があります。 ワールドクラス5へ到達後にギアスコア500の装備を手に入れると、クラフトステーションのアップグレードが可能になり、ギアスコア500の装備を確定でクラフトできるようになります。すでにギアスコア500に到達しているプレイヤーはタイトルアップデート5が配信されるとクラフトステーションが自動でアップグレードされます。 また、設計図を同一アカウント内のキャラクター間で共有することが可能になるほか、プロジェクトとコントロールポイントで別々だった設計図のドロップテーブルも統一されます。 そして、クラフトした装備も再調整が可能になります。

エキゾチック装備の仕様変更

タイトルアップデート5配信後のエキゾチック装備は、常にその装備のギアスコア最高の数値のものが手に入るようになります。 性能のランダム要素が排除され「アップグレードしたら以前よりも数値が下がってしまった」という事故は発生しなくなります。すでに入手しているエキゾチックは、タイトルアップデート5配信後に自動で数値がギアスコア最高の物と置き換わります。

イーグル・ベアラーを除くエキゾチック装備は、入手していると難易度ヒロイックのボスを倒すことで入手済みのエキゾチックがドロップする可能性が追加されます。

スキルの大幅仕様変更

現状の『ディビジョン2』は銃の火力特化に比べてスキル特化は遥かにダメージが劣っていましたが、タイトルアップデート5ではアサルトライフルの高火力ビルドと比肩できるスキルビルドを目標に調整された大きな性能向上が導入されます。各スキルは基本的に火力や持続時間にHPなどが向上、クールダウンはデフォルトで45秒、60秒、90秒の3つに分けられ、クールダウン特化にすることでこれまでの10秒という限界を破り3秒まで(ケミランチャーのみ8秒)短縮が可能となります。スキルMODも劇的な性能アップを遂げたものもあるなど、これまでとは別物のスキルビルドが生まれることでしょう。

「エピソード1 DC郊外: エクスペディション」はYEAR 1パス所有者向けに7月23日先行配信、7月30日に一般プレイヤーに解禁。タイトルアップデート5は全プレイヤーが対象で7月23日に配信を予定。

『ディビジョン2』の発売日は2019年3月15日発売で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

ディビジョン2 - PS4

ディビジョン2 - PS4

3,843円(11/13 03:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Ubisoft, Press release

コメントする