CWLファイナル:eUnitedが2年半ぶりに優勝し賞金約5,400万円獲得、「CWLチャンピオンシップ」に出場する全32チームも決定

CWLファイナル:eUnitedが2年半ぶりに優勝し賞金約5,400万円獲得、「CWLチャンピオンシップ」に出場する全32チームも決定

日本時間7月19日から行われた『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の公式大会「Call of Duty World League Finals(CWLファイナル)」にてeUnitedが優勝、賞金50万ドル(約5,400万円)を獲得しました。同チームがメジャー大会で優勝するのは「CWLアトランタ 2017」以来、およそ2年半ぶりとなります。

CWLファイナルの流れと結果

グランドファイナル第1試合: eUnited 0-3 Gen.G

  1. ハードポイント(Arsenal): 123-250
  2. サーチ・アンド・デストロイ(Payload): 3-6
  3. コントロール(Arsenal): 2-3

グランドファイナルではeUnited(1位/ディビジョンB)とGen.G(2位/ディビジョンA)が再戦。準決勝ではeUnitedが勝利しGen.Gはルーザーズブラケットに回っていました。しかしGen.Gはそれを物ともせずハードポイント、サーチ・アンド・デストロイを連取。コントロールでは1人も倒されずに2拠点を確保する、おそらく史上最短ラウンドのビッグプレイも飛び出します。

Gen.Gはこの後のラウンドもきっちり取り、3-0で勝利。ブラケットをリセットします。

グランドファイナル第2試合: eUnited 3-0 Gen.G

  1. ハードポイント(Seaside): 250-119
  2. サーチ・アンド・デストロイ(Hacienda): 6-5
  3. コントロール(Frequency): 3-0

両チームともに後がなくなった第2試合、eUnitedがまずは第1ゲームのハードポイントを取ります。続くサーチ・アンド・デストロイでは第11ラウンドにまでもつれ込みますが、爆弾を解除するArcitys選手を双子のPrestinni選手が見事カバー。兄弟愛を見せたeUnitedが2-0でリードを広げます。

最後はClayster選手が決め、見事トロフィーを手にしました。

eUnitedはOpTic Gamingに次いで人気のあるチームですが、実はメジャー大会で優勝したのは『CoD:IW』の「CWLアトランタ 2017」の1回だけ。今シーズンも強豪に何度も優勝を阻まれ、実力とともに“第2のチーム”に甘んじてきました。

また現役最年長のClayster選手も『CoD:AW』の「MLG プロリーグ シーズン3プレイオフ」以来、実に1,400日間も優勝から遠ざかっていました。長年の呪縛を解いたeUnited、「CWLチャンピオンシップ」でも素晴らしい活躍を魅せてくるでしょう。

MVP: Simp選手

MVPを獲得したのはSimp選手。今年年齢制限である18歳になったばかりですが、ロスター入りするとすぐに大活躍。サブマシンガンとスナイパーライフルでチームの優勝に大きく貢献しました。

  • ハードポイント K/D: 1.10
  • サーチ・アンド・デストロイ K/D: 1.26
  • コントロール K/D: 1.30

順位および賞金

  1. eUnited – 500,000ドル
  2. Gen.G – 300,000ドル
  3. FaZe Clan – 200,000ドル
  4. Reciprocity – 100,000ドル
  5. Luminosity – 43,750ドル
  6. 100 Thieves – 43,750ドル
  7. Splyce – 18,750ドル
  8. OpTic Gaming – 18,750ドル
  9. Heretics – 18,750ドル
  10. Evil Geniuses – 18,750ドル

「CWLチャンピオンシップ」に出場する全32チームも決定、日本チームは出場ならず

また8月に開催される今シーズン最後の大会「CWLチャンピオンシップ」に出場する全32チームも決定しました。本大会ではプロリーグ16チームとオープンブラケットを勝ち抜いた16チームが対戦し、今シーズンの王者を決めます。オープンブラケットを勝ち抜いた16チームは以下の通り。

  • TRAINHARD
  • SAGE ESPORTS
  • TEAM WAR
  • FIRE STICKS GAMING
  • FURY GAMING
  • HYBRID GAMING
  • THE BHOYS
  • FUEGO GAMING
  • EXCALIBUR
  • SINGULARITY
  • SICARIO
  • LGND STATUS GG
  • MAZER
  • TEAM DIVINELY
  • ASPIRE
  • CARNAGE GAMING

日本からはLibalent VertexCYCLOPS athlete gamingが、オーストラリアからはSCARZが出場し、ともにベスト48で終了。残念ながら「CWLチャンピオンシップ」に出場することは叶いませんでした。日本チームは8月10日に国内で開催される「日本最強決定戦」に挑みます。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。