オーバーウォッチ:シグマに使い勝手向上を目的とした強化調整(PTR)

オーバーウォッチ:シグマに使い勝手向上を目的とした強化調整(PTR)

Overwatch(オーバーウォッチ)』31番目のヒーローとして現在PTRサーバーでテストが行われているシグマに対し、アビリティのキャンセルなど使い勝手がよくなる調整が行われました。

オーバーウォッチ アップデート(July 31, 2019)

シグマ(強化調整)

  • 《キネティック・グラスプ》
    • 《アクリーション》でのキャンセルを可能に
  • 《エクスペリメンタル・バリア》
    • 《キネティック・グラスプ》、《アクリーション》使用中でも解除可能に

《キネティック・グラスプ》の調整は最長2秒間の展開を途中で終了、キャンセルしての発動が可能になります。《アクリーション》は発生、弾速共に遅いので咄嗟にキャンセルできるメリットはそこまで大きく無さそうですが、《B.O.B》の遠距離突進や欲張った《デッド・アイ》などに対しては使えるかもしれません。

《エクスペリメンタル・バリア》の収納は、途中の動作をキャンセルしません。どちらのアビリティも発動から終了までの動作時間がそこそこあるので、アビリティ使用中に思わぬ大ダメージで耐久値を大きく削られる、距離を突然詰められるなどの展開に対して純粋に対応しやすくなります。

その他バグ修正として《アクリーション》の自爆ダメージを50から40に減少など、細かい調整がいくつか行われているので気になる方は公式サイト(英語)をご覧ください。

PTRでの調整も徐々に落ち着きを見せ始めてきました。ロールキューやシグマ、多くのヒーロー調整などが実装される日もそう遠くないのではないでしょうか?

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / PC / Nintendo Switch

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

8,880円(12/10 21:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: BlizzTrack

コメントする

*