CoD:MW:未発表オペレーター「Minotaur」発見、スペツナズ所属のロシア人兵士

CoD:MW:未発表オペレーター「Minotaur」発見、スペツナズ所属のロシア人兵士

9月13日(金)から開催予定のPS4でのオープンベータにて先行ダウンロードが開始された『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』ですが、各メディアやクリエイターに送られていたSnapchatのARコードが更新。そこから、未発表のオペレーター「Minotaur」存在が明らかになりました。

未発表オペレーター「Minotaur」

過去にも「ガンファイト」のマップ名や武器名などが明らかにされたSnapchatのARコードですが、オペレーターの「Minotaur(ミノター)」が出現。日本語ではミノタウロスで、ギリシャ神話に登場する頭が牛で体が人間の怪物を指します。

CoD:MW Minotaur

画像は海外メディアのCharlie Intelより。

所属はロシアの特殊部隊「スペツナズ」で、国籍はもちろんロシア。ミノタウロスを彷彿とさせるタフな兵士が予想されます。

『CoD:MW』のオペレーターは過去作のスペシャリスト等とは異なり、特殊武器やアビリティはなく外観だけを変更するものとされています。オペレーターはプレイすることでアンロックが可能で、全身の外観を変更するスキンの選択肢もあり、これもプレイをすることでアンロックが可能となっています。

明日から開催されるPS4のオープンベータでは「Minotaur」も使用することができるのかは明らかにされていませんが、実際にプレイして確認してみましょう。

CoD:MW: オペレーターのスキンはプレイすることでアンロックが可能、パーツではなく全身

CoD:MW:2v2モードのガンファイト向けマップ「Speedball」と「Docks」が新たに判明、現在全5種に

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Charlie Intel

コメントする