PS Now:10月よりCERO Zタイトル追加、18歳以上向けサービスとして再スタート

PS Now:10月よりCERO Zタイトル追加、18歳以上向けサービスとして再スタート

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は日本国内向けに、ゲームのサブスクリプションサービス「PlayStation Now」のラインアップに新たにCERO Zレーティングタイトルを追加すると発表しました。この変更は2019年10月から行われ、加入者は18歳以上の方に限定されます。

PS Now、18歳以上向けサービスとして再スタート

「PlayStation Now」は幅広いジャンルのPS4/PS3タイトルを、PS4やWindows PCでストリーミング形式で遊ぶことができる月額制サービス。昨年には一部タイトルでダウンロード機能が追加されました。

今回のサービス内容変更に伴い、以下の対応が行われます。

  • 現行サービスは2019年9月30日に一旦停止
  • 現行サービス停止時に有効な利用権を持っている場合は、10月上旬までにその利用権を購入した際の金額と同額を返還(PSNウォレットにチャージ)
  • 2019年9月17日をもってPS Storeでの利用権および7日間無料体験の販売を停止
  • 10月よりPS Storeおよび各販売店にて利用権の販売を再開(年齢確認が必要)
  • 10月以降にPS Storeで利用権を購入するには、クレジットカードによる決済が必要

PS Nowの提供タイトル数は日本国内で400種以上なのに対し、北米では650種以上。大きく差がついていましたが、今回の変更により魅力的なタイトルが大幅に追加されると期待されます。ちなみに北米では『The Last of Us』『レッド・デッド・リデンプション』『ボダラン2』など魅惑のタイトルたちがラインアップされています。

PS Nowで配信中のタイトル一覧はこちらより確認できます。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)

40,800円(11/16 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: PlayStation

コメントする