フォートナイト:コアモードにもスキルベースマッチメイキング導入へ、低スキルではボットも登場

フォートナイト:コアモードにもスキルベースマッチメイキング導入へ、低スキルではボットも登場

Epic Gamesは、『Fortnite(フォートナイト)』のv10.40アップデートより、コアモードにもスキルベースマッチメイキング(SBMM)を導入すると発表しました。練習相手となる「ボット」も追加されます。

コアモードにもSBMM導入へ

Epic Gamesによるとバトルロイヤルの登場から2年間で、プレイヤーのスキルレベルの幅が大きく広がっているとのこと。アリーナではハイプを基準としたマッチメイキングが行われていましたが、コアモードには大きな変更はありませんでした。

v10.40アップデート以降はコアモードにおいても、各地域で段階的にスキルベースマッチメイキングを導入。スキルレベルの近い相手と対戦する機会が増え、より平等なマッチが開催されるようになります。

また次のシーズンではボットが追加。ボットは新しいマッチメイキングシステムと連動し、実力が上がるとともに対戦するボットの数は減ります。競技イベントのプレイリストには登場しません。

ボットは初心者用の練習相手という位置づけで、『PUBG Mobile』や『荒野行動』にも登場しています。Epic Gamesはこれまでメカスーツ「B.R.U.T.E.」などを追加し、多少強引ながらもスキルギャップを埋めようと努力していました。しかし今後はSMBBの導入により初心者も上級者も楽しめるマッチとなることが予想されます。

PvP『フォートナイト バトルロイヤル』は絶賛配信中で、対象機種はPS4 / Xbox One / Nintendo Switch /PC / Mac / iOS / Android。PvE『フォートナイト 世界を救え』の対象機種はPS4 / Xbox One / PC / Mac

Source:EpicGames

コメントする

*