PS5「プレイステーション 5」 ハードウェア概要:「ロード時間は過去のものに」カスタムCPU & GPU / 超高速SSD / PS4互換 / Ultra HD Blu-ray

PS5「プレイステーション 5」  ハードウェア概要:「ロード時間は過去のものに」カスタムCPU & GPU / 超高速SSD / PS4互換 / Ultra HD Blu-ray

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、次世代コンソールゲーム機の正式名称を「プレイステーション5 /PlayStation 5」(PS5)に決定し、2020年の年末商戦期に発売することをを明らかにしましたが、その気になるハードウェアの概要を発表しました。以下プレスリリースより。

PS5 ハードウェア概要

PS5では超高速アクセスが可能なカスタムSSDAMD社製カスタムチップセットを搭載し、ゲームのロード時間は過去のものとなり、ダイナミックで美しく、クリエイターが思い描いた通りのゲーム体験を実現することが可能になります。

また、コントローラーには従来の振動技術に代わりハプティック技術を搭載、L2・R2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用し、圧倒的な没入感を演出するゲームの世界をお楽しみいただけるようになります。

コンソールゲーム機本体

  • 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
  • AMD社製カスタムチップ搭載
    • CPU: x86-64-AMD Ryzen™ “Zen2″, 8 cores/16 threads
    • GPU: AMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
    • 3Dオーディオ処理専用ユニット
  • ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
  • PlayStation®4タイトルとの互換性実現に向けた設計
  • PlayStation®VR対応

コントローラー

  • ハプティック技術搭載
  • L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用

物理メディア

  • Ultra HD Blu-ray
  • ゲームディスクとしての容量は100GBに

以下の関連記事もぜひご覧ください。

PS5「プレイステーション 5」 新情報:多数の新機能、高速SSD、USB Type-C、ゲームプレイ体験談など

[噂] PS5:PlayStation 5 リーク情報、発売日は2020年 / 価格は499ドル / 「PS VR2」「DUALSHOCK 5」登場 / ローンチタイトルに『Battlefield: Bad Company 3』など

PS5(仮)新情報:プレイステーション 5は「ハードコアゲーマー向けと位置付け」、「競合相手はGoogleのStadia」など

[速報] PS5:ソニーが開発中の次世代ゲーム機の詳細発表、CPU・GPU・メモリー強化 / 8K対応 / 爆速ロード / PS4互換 / 超高速SSDなど

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)

38,900円(12/08 22:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: PressRelease

COMMENTS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ボダラン3やらのハクスラゲーでどの程度ロードが改善されるか気になるところである
    行き来で再出現してくれる仕様じゃなければどうしてもセーブロードせざるを得ないからね
    PCゲーだと読み込み500MB/s超えると伸びしろがほぼ無くなるけど最適化させてんのかな

コメントする

*