CoDリーグ:『CoD:MW』シーズンの概要発表、アマチュア向けの大会「コール オブ デューティ チャレンジャーズ」も実施

CoDリーグ:『CoD:MW』シーズンの概要発表、アマチュア向けの大会「コール オブ デューティ チャレンジャーズ」も実施

Activisionは『コール オブ デューティ』シリーズの公式大会「コール オブ デューティ リーグ(CoDリーグ)」の概要を発表しました。アマチュア向けには「コール オブ デューティ チャレンジャーズ」という大会が実施され、専用の賞金とLANイベントが用意されます。

「CoDリーグ」シーズン概要

Call of Duty® League™ – Reveal Trailer

今回発表された「CoDリーグ」のシーズン概要は以下の通り。さらなる詳細は後日発表されます。

  • シーズンは大きく春と夏のスプリットに分割
  • 各チームは各スプリットに1回ずつ、計2回の「ホームシリーズ」イベントを本拠地で主催
  • 独自のイベントとして「ミッドシーズンウィークエンド」と「チャンピオンシップウィークエンド」を開催
    • チャンピオンシップウィークエンドではプレイオフに進出した6チームがダブルエリミネーションで対戦
    • 残った2チームでグランドファイナル「コール オブ デューティ リーグ チャンピオンシップ」を実施

アマチュア大会「コール オブ デューティ チャレンジャーズ」

cod challengers

  • 新興プレイヤーの才能の成長と発展を促進する“プロへの道”「コール オブ デューティ チャレンジャーズ」を用意
  • 2019年11月から1年を通じてオンラインラダー/オンライントーナメント/オープントーナメントイベントを実施。賞金総額は100万ドル以上
  • LANオープンブラケットイベントはリーグまたは各チーム主催のイベントで開催

コミュニティ向けイベント「コール オブ デューティ リーグ シティ サーキット」

こちらは主にカジュアル向けに用意された、2v2「ガンファイト」による競技イベント。シーズン後半から開始され、選ばれたファンは各チームの都市を代表して競い合います。

ちなみにCoDリーグのロゴの3本線はそれぞれプロ選手、アマチュア、ファンを表しています。日本を含むAPAC地域にはプロチームがありませんが、ぜひAPAC地域でも積極的な大会イベントの実施を期待したいところです。

CoD:MW:賞金総額6.4億円の公式リーグ「コール オブ デューティ リーグ」発表、公式サイトからチーム名もリーク

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: CallofDutyLeague