『レインボーシックス シージ』OGA PIT Season 3 DAY2結果:南北アメリカ大決戦、Team Liquidがグランドファイナルに進出!

『レインボーシックス シージ』OGA PIT Season 3 DAY2結果:南北アメリカ大決戦、Team Liquidがグランドファイナルに進出!

中央ヨーロッパ時間12月6日から8日にかけて行われる、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のマイナー・トーナメント、OGA PIT Season 3。2日目に行われた準決勝の2試合では北米と南米の4チームが激突する形となり、Team Liquidが一足先にグランドファイナルへ進出、優勝まであと一勝と迫りました。

OGA PITとは? 賞金と出場権を獲得できるトーナメント

世界遺産を有するクロアチアの都市・スプリトで開催されているOGA PIT Season 3Ubisoft Tierではマイナー大会として分類されていますが、優勝したチームには賞金3万米国ドル(約326万円)が贈られるだけでなく、シージ界最大のイベントである「シックス・インビテーショナル2020」への出場権も与えらるため、参加チームにとっては極めて重要な大会です。

レインボーシックス シージ:OGA PIT Season 3が12月6日スタート、日本からも野良連合が出場!

7日の試合結果

6日のDAY1では、日本チームの野良連合と、EUを代表する3チーム、G2 EsportsBDSTeam Secretが揃って敗退する予想だにしない結果となりました。
タイトルを賭けて激突することになったのは、奇しくも北米と南米の各2チーム。北米でも指折りの闘士Canadian選手を擁するSpacestation Gamingは、準決勝で南米のチームmibrに敗れるも、その後ルーザーズ準決勝で勝利し、DAY3まで生き残ることに成功しました。

canadian
吠えるCanadian。会場スタッフに二度ほど注意された

このルーザーズ準決勝では同じ北米リージョンのチームLuminosity Gamingとの対決となり、戦いは第3マップまでもつれこみました。しかしSSGはクラブハウスと領事館における堅実な守りで力量差を見せつけ、終わってみれば最後は7-1という大差での勝利でした。

またSSGは現在のロースターとなってから、クラブハウスでは8戦全勝という戦績を記録しています。明日のルーザーズ決勝ではmibrとの再戦となりますが、マップピックから注目が集まるでしょう。

liquidmibr
レインボーシックス シージの競技シーンを幅広くカバーするスタッツサイト、SiegeGGより、7日に行われたLiquid対mibrの統計資料

ウィナーズ決勝はmibrTeam Liquidによる南米対決となりました。Liquidはプロリーグ・シーズン7とBrasileirão 2019で二度のオフライン優勝経験を持っている一方で、mibrにオフラインでの優勝経験は無く、先のプロリーグ・シーズン10でも7位に終わってチャレンジャーリーグとの入れ替え戦に巻き込まれるなど、チームとしての格差は鮮明でした。

G2とSSGを倒して勝ち上がったmibrは、手の内をよく知っている相手に対して第3マップまでもつれこむ激戦を演じましたが、チームとしての総合力が徐々に差をつくったのか、最後はLiquidが海岸線での攻撃を成功させて7-4で勝利、シックスインビテーショナル2020への出場権獲得まで、あと一歩となりました。

8日の試合日程

いよいよ最終日となる8日は以下の2試合、ルーザーズ決勝は日本時間12月8日午後7時スタート予定です。続くグランドファイナルはBo5で争われますが、大会ルールに基づき、ウィナーズ決勝で勝利したTeam Liquidが1マップポイントを獲得した状態からスタートします。

  • ルーザーズ決勝:SSG vs mibr
  • グランドファイナル:Team Liquid vs (ルーザーズ決勝の勝利チーム)

最終日も、日本語公式チャンネルからもキャスター陣の実況付きで配信予定です。

OGA PIT レインボーシックス MINOR POWERED BY AMD AND SAPPHIRE 日本語配信 DAY3

シックス・インビテーショナル2020への出場権は果たして誰の手に渡るのでしょうか。残ったのは3チーム。過去の成績を含めて安定した強さを見せているLiquidの下馬評は高いものと思われますが、SSGとmibrも大会を通して何かに目覚める可能性は十分にあります。皆さんも優勝チームを予想してみてください。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source:OGA PIT TOM CLANCY’S RAINBOW SIX

コメントする

*