YouTubeから動画が大量削除、原因は“嫌がらせ”に関するポリシー変更とAIの暴走?

YouTubeから動画が大量削除、原因は“嫌がらせ”に関するポリシー変更とAIの暴走?

2019/12/14 追記:削除された動画が復活していました。皆さんの動画も復活したのではないでしょうか?

動画共有サービスYouTubeにて大量の動画が削除され、海外では #YouTubeIsOver(YouTubeは終わりだ)がTwitterトレンド入りしました。原因はYouTubeのポリシー変更とAIの暴走ではないかとみられています。

潜在的・暗示的な脅し動画も削除対象に

YouTubeは現地時間12月11日に「嫌がらせやネットいじめに関するポリシー」を更新しました。今までは直接的な脅し動画のみが削除対象でしたが、今後は潜在的・暗示的な脅し動画も対象となります。例えば誰かのことを言いながら武器を振り回したり、ビデオゲーム内の被害者に誰かの顔をコラージュしたりすることが禁止されます。

またYouTubeパートナープログラム(YPP)のポリシーも強化。以上の嫌がらせを繰り返すチャンネルはYPPから除外され、YouTubeで収益を上げられなくなるばかりか最終的にはチャンネルごと消されてしまいます。

YouTubeから動画が大量削除

このポリシーは脅迫を防止するため必要でしょうが、このポリシーの改定以降YouTubeから多くの動画(特に視聴数の多いもの)が削除されています。当サイトEAA!!も数本の単なるゲームプレイ映像が「有害で危険なコンテンツ」として削除されました。

有名ユーチューバーの1人KEEMSTAR氏も動画の削除を受け、「ニュース報道にユーモアを加えているだけなのに、嫌がらせと誤解される。今後が怖い」とツイート。YouTubeによる行き過ぎた検閲を危惧する声が挙がっています。

大量削除の原因はAIの暴走(設定ミス・誤認)とみられています。時間が経てばこの問題は解決されると思われますが、もしこの“嫌がらせ”が続けば今後コンテンツクリエイターのYouTube離れが進んでいくかもしれません。

改訂 YouTube 成功の実践法則60

改訂 YouTube 成功の実践法則60

木村 博史
1,738円(01/22 02:14時点)
発売日: 2018/04/21
Amazonの情報を掲載しています

Source: DexertoITmedia

コメントする

*