CoD:MW:売上をオーストラリア大火災の援助活動に100%寄付する救済基金“OUTBACK RELIEF”をリリース

CoD:MW:売上をオーストラリア大火災の援助活動に100%寄付する救済基金“OUTBACK RELIEF”をリリース

世界中で援助活動の呼びかけが行われているオーストラリアの森林大火災の消火活動に対し、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』もゲーム内アイテムの売り上げを全額寄付する援助活動“Outback Relief”を発表しました。

売り上げを全額寄付

世界中で異常気候が続いていますが、9月からオーストラリアで起きている森林大火災ではこれまでに25人もの命と、推計で億単位の生物が犠牲に。現在も鎮火まで数ヶ月かかると言われています。 この災害に対し、本日『CoD:MW』の開発スタジオ“Infinity Ward”とActivisionがTwitter公式アカウントにて援助活動を開始する声明を発表しました。

本日から1月31日まで、全プラットフォームで購入された“OUTBACK RELIEF”パック(この活動にあわせて“OUTBACK”パックから改名)の売り上げが全額寄付されます。また、この発表前に“OUTBACK”パックを購入していた方々の分も含めて寄付されます。

オーストラリアっぽいスキンやチャーム、ステッカーなどが揃い踏み。「とどめの一撃」とスナイパーライフル「BIG GAME」やティアスキップもついて1800CODポイント
オーストラリアっぽいスキンやチャーム、ステッカーなどが揃い踏み。「とどめの一撃」とスナイパーライフル「BIG GAME」やティアスキップもついて1800CODポイント

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: @InfinityWard

COMMENTS

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    陰キャにどの国でも人権なんか無いからな。いい加減気づけよ。どうせお前ら日本でもイジメられてただろ。他人の文句を言う前に鏡を見ろよ

  2. By 匿名

    ユーザーの意見を聞く。アプデに反映させてくれる。
    ダウンロードコンテンツは無料にしてくれる。
    募金活動をする。百%もオーストラリアの困ったひと達に。
    今までこんなcod開発チームがあったか!?
    ゲームはまあ、バグだらけでマップもまちまちな未完成ゲームだけど ヤル気は感じられる開発陣なんじゃないのか?

  3. By 匿名

    政府が真面目な消化しようとしてないから避難浴びてるんだが、金はどこに行くんだ?

    • By 匿名

      役人の懐

コメントする

*