ゲーム業界で支援の輪広がる:2K Gamesとベセスダ・ソフトワークスが手を組みオーストラリア大火災へのチャリティ支援を開始

ゲーム業界で支援の輪広がる:2K Gamesとベセスダ・ソフトワークスが手を組みオーストラリア大火災へのチャリティ支援を開始

昨年から引き続きとどまるところをしらないオーストラリアの大火災へのチャリティ支援活動として、2K GamesとBethesda Softworksがタッグを組んで募金活動を開始しました。

2Kとベセスダの強力タッグ結成

本日、『ボーダーランズ3』や『NBA 2K』シリーズを展開する2K Gamesと、『スカイリム』や3月に発売を控える『DOOM Eternal』を擁するBethesda Softworksがオーストラリアの大火災で被害を被った方々へのチャリティ支援活動を開始すると共同で声明発表しました。

この活動では両社が開設した募金サイトからの寄付と、日本時間2月15日午前8時から行われる『スカイリム』と『ボーダーランズ3』のチャリティ配信で集められる寄付を全額「オーストラリア赤十字社」に送られます。

募金方法

両社がTiltify.com上に用意した募金ページはこちらとなっています。 リンクから移動したさきでは以下の内容が質問されます。()内はサイト上での元記載です。募金にはPaypalへの登録が必要です。

  • 募金額 (Donation Amount)
    • オーストラリアドルに換金されて寄付
  • メールアドレス (Email)
  • 表示名 (Display Name)
  • 選択肢
    • 匿名希望か否か (Anonymous)
  • チャリティ主催側から連絡をとってもよいか(Allow the charity to contact you?)
  • コメント (Comments?)

ゲーム業界で広がる支援の輪

これまでにもBethesdaは独自にオーストラリアの大火災にチャリティ活動を行なっているほか、当サイトでも既に報じたBungieとInfinity Ward、それぞれ直接募金したUbisoftとDigital Extremesなどゲーム制作スタジオ各社、また配信者達もチャリティ配信を通して募金活動をしています。

CoD:MW:売上をオーストラリア大火災の援助活動に100%寄付する救済基金“OUTBACK RELIEF”をリリース

Destiny 2: オーストラリア火災への支援Tシャツが販売開始、売上はすべて寄付

このようなゲーム業界の風潮が少しでも界隈の外にも届き、esports以外にもビデオゲームが与えるポジティブな面にもスポットライトがもっと当たることと、1日でも早いオーストラリア火災の鎮火を祈ります。

Source: @Borderlands

コメントする

*