オーバーウォッチ:4名に調整、ウィドウメイカー・ボール・ブリギッテ弱体化とシンメトラ強化(PTR)

オーバーウォッチ:4名に調整、ウィドウメイカー・ボール・ブリギッテ弱体化とシンメトラ強化(PTR)

本日(2020年2月7日)、『Overwatch(オーバーウォッチ)』のPTR(パブリックテスト環境)サーバーにてレッキング・ボール弱体化を含め、4ヒーローに調整が行われました。前回に引き続きタンクとサポートの弱体化という注目の調整内容です。

ヒーロー調整

レッキング・ボール(弱体化)

  • 《パイルドライバー》
    • 浮かせた敵の空中での制御不能時間を1秒から0.5秒に短縮

現在、浮かされた対象は着地までほとんど動くことができずレッキング・ボールの着地点に引っ張られてしまいますが、PTRでは落下から着地までの中間くらいから動けるようになります。

ゼニヤッタのような低機動ヒーローのキルが安定しにくくなるほか、《マイン・フィールド》との連携にも支障が出るなど、その影響は小さくないでしょう。

ブリギッテ(弱体化)

  • 《リペア・パック》
    • 回復超過によるアーマー獲得量が75から50に減少
    • 回復速度を秒間60から55に低下

秒間回復量が60から55低下した事で《リペア・パック》1つ当たりの回復量が約120から110に低下しています。

シンメトラ(強化)

  • 《フォトン・プロジェクター》
    • 最大チャージ時のダメージを120から140に増加

《フォトン・プロジェクター》のサブ射撃がジャンクラットの《フラグ・ランチャー》の130を上回り、体に対する射撃(Ultを除く)の最大ダメージになりました。

ウィドウメイカー(弱体化)

  • 《ウィドウズ・キス》
    • 最大チャージまでにかかる時間を0.83秒から1秒に延長

チャージ時間当たりのダメージ量が低下。チャージを行っての連続射撃や咄嗟の射撃などが難しくなり、今まで以上に立ち位置や立ち回りに気を配る必要が出てきます。

前回行われたオリーサ、シグマの弱体化によって、ダイブ構成やハイダイブ(ウィドウメイカー入りのダイブ)構成の流行に先手を打った形の調整ではないでしょうか。ヒーロープールも実装されるシーズン21の環境はどのようになるのか気になります。

オーバーウォッチ:オリーサとシグマにさらなる弱体化、その他マクリー強化を含む6ヒーローに調整(PTR)

オーバーウォッチ:大型アップデートの予定を発表、CS版へ「疑似PTR」や選択できるヒーローを制限する「ヒーロープール」実装など

オーバーウォッチ:ヒーロープール実装に加え、スタン系アビリティの仕様変更など5つの変更(PTR)

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

7,450円(02/21 02:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Overwatch PTR Patch Notes – February 6, 2020

コメントする

*