かわいくも本格的なスポーツ系FPS『Diabotical(ダイアボティカル)』: 2月28日よりクローズドベータ開始、登録受付中

かわいくも本格的なスポーツ系FPS『Diabotical(ダイアボティカル)』: 2月28日よりクローズドベータ開始、登録受付中

The GD Studioは、基本無料のスポーツ系PCシューティングゲーム『Diabotical(ダイアボティカル)』のクローズドベータを2月28日より開始することを告知しました。現在公式サイトにて登録受付中です。

スポーツ系FPS『Diabotical』の概要

Diabotical Closed Beta – Weekend 1 Trailer

『Diabotical』はカラフルで速いペースの一人称シューティングゲーム。操作するのは可愛らしい球体のエッグボットながら、ハイスピードなキャラクターコントロールと複数の装備を使い分けるプレイヤースキルが求められるプレイフィールとなっているようです。その点は同じスポーツ系FPSの『Unreal TOURNAMENT』や『QUAKE』からインスパイアされていると言えるかもしれませんが、ゴア要素もなくシンプルなUI表示で、見た目のカスタマイズも豊富と、誰もが気軽に楽しめる世界観となっています。

Diabotical(ダイアボティカル)

  • ゲームモード:クローズドベータでは3つを用意
    • 「WIPEOUT」:5対5のチーム戦。敵がリスポーンできなくなるまで倒し続ける
    • 「ARENA」:5対5のチーム戦。ジャンプとクロスボウを駆使して戦う
    • 「WEEBOW INSTAGIB」:1対1 / 2対2の真剣勝負。エイムと戦闘スキルが試される
  • 9つのマップ:クローズドベータでは9つのMAPで遊ぶことができる
  • 見た目のカスタマイズ:エッグボットにさまざまなスタンプで個性を出そう
  • マップエディター:自分の手でアリーナを制作しよう
  • カスタムロビー:友達を集めて自由なルール設定でアリーナ開催
  • 125チックレートサーバー:サーバー応答速度が速いのでラグが少なくなる

Diabotical(ディアボティカル)

Diabotical(ディアボティカル)

クローズドベータでは各国にサーバーが設置されますが、嬉しいことに東京にもサーバーが登場します。

クローズドベータ募集中

クローズドベータは2月28日から3月22日までの4週末に行われます。次の週末に進むにつれて、前の週末のフィードバックに基づいた調整と修正とともに、他のモードが利用可能になります。スケジュールは以下の通り。

  • ゲームキー配布:2020年2月27日(木)
  • WEEKEND 1 STRESS TEST:2020年2月28日(金)~ 2020年3月1日(日)
  • WEEKEND 2:2020年3月6日(金)~ 2020年3月8日(日)
  • WEEKEND 3:2020年3月13日(金)~ 2020年3月15日(日)
  • WEEKEND 4:2020年3月20日(金)~ 2020年3月22日(日)
  • 登録受付:diabotical公式ページ

公式ページ右上にある「CLOSE BETA: SIGN-UP」をクリックして、メールアドレスを入力して送信すれば27日(木)にゲームキー付きのメールが届きます。ゲームは「Epic Games Launcher」からダウンロードするのでEpicアカウントを作っていない方はこちらも事前にアカウント作成しておきましょう。

PC最小・推奨スペック

Diabotical(ディアボティカル)

必要動作環境

  • OS: 64-bit Windows 7
  • プロセッサー: Intel Core i3 2.4Ghz
  • メモリー: 6GB RAM
  • VGA: NVIDIA GeForce GT 640
  • 空き容量: 15 GB

推奨動作環境

  • OS: 64-bit Windows 10
  • プロセッサー: Intel Core i5 2.8Ghz
  • メモリー: 8GB RAM
  • VGA: Card: NVIDIA GeForce GTX 970
  • 空き容量: 20 GB

クローズドベータ中のゲームの録画や配信は自由に行えるとのことで、配信者による実況にも期待できます。昔ながらのアリーナ型FPSファンから、今からFPSを始めたい新規プレイヤーも期待できる完成度になるかもしれません。興味を持った方はベータ登録してみてはいかがでしょうか。

Diabotical(ダイアボティカル)

Diabotical(ダイアボティカル)

コメントする

*