CoD:MW2R:『Call of Duty: Modern Warfare 2 Campaign Remastered』が海外PS Storeで販売開始、Xbox/PC版は4月30日リリース

CoD:MW2R:『Call of Duty: Modern Warfare 2 Campaign Remastered』が海外PS Storeで販売開始、Xbox/PC版は4月30日リリース

Update国内版配信開始、価格は2,189円

『Call of Duty: Modern Warfare 2(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW2)』のキャンペーンリマスター版となる、『Call of Duty: Modern Warfare 2 Campaign Remastered』をActivisionが正式にアナウンス。海外PlayStation Storeで販売が開始され、告知トレーラーも公開しました。『CoD:MW2R』の開発はBeenoxが担当しており、マルチプレイヤーとSpec Opsを含まないキャンペーンオンリーのスタンドアローン版パッケージとなっています。価格は25ユーロ(約3,000円)。

CoD:MW2R リマスータード販売開始、キャンペーンのみのタイトル

世界中が名作と認めた重厚なシングルプレイヤーストーリーキャンペーンが、優れた解像度と最新のオーディオで蘇ります。S.S.D.D.の基礎訓練からスリリングなクライマックス「Endgame」まで、ジョン・プライス大尉、ジョン・“ソープ”・マクタビッシュ、ゲイリー・”ローチ”・サンダーソン、そしてサイモン・”ゴースト”・ライリーと共に超国家主義者の脅威が世界を支配するのを食い止めましょう。2009年にプレイした人も未体験の人もぜひプレイしてほしいところです。

Call of Duty®: Modern Warfare® 2 Campaign Remastered – Official Trailer

アナウンスによるとPlayStation 4版は本日からプレイ可能ですが、Xbox One版とPC版は予約は本日からできるものの本編の解禁は約一ヶ月後の4月30日となっています。ただし、記事執筆時点では日本のPlayStation Storeではまだ販売されていません。

CoD:MW2: 海外のPlayStation Storeで販売開始、XboxとPC版は4月30日にリリース

[速報]CoD:MW2R:『Call of Duty: Modern Warfare 2 キャンペーンリマスター』のトレーラーもリーク

豪華バンドル

CoD:MW2R:『Call of Duty: Modern Warfare 2 キャンペーンリマスター』が独PlayStation Storeに掲載

『Call of Duty: Modern Warfare 2 Campaign Remastered』は単体でプレイができ、『CoD:MW』は必要ありません。 また、バンドル特典として同梱される「Ghost Bundle」は『CoD:MW』と『CoD:Warzone』用となっており、利用するにはそれぞれの作品を所有している必要があります。

特典は『CoD:MW』に登場したなんちゃってゴーストではなく、『Modern Warfare』の「The Only Easy Day… Was Yesterday」ミッションで登場した真の(クラシック)ゴーストスキンを手に入れられるほか、武器設計図「Task Force」と「One For One」、武器チャーム、止めの一撃、コーリングカード、エンブレム、ゴーストの象徴的なボイスクリップ、そしてバトルパスのティアスキップなどが含まれます。ゴーストファンにとってはこれだけで購入する価値があるでしょう。

CoD:MW2R:『Call of Duty: Modern Warfare 2 キャンペーンリマスター』が独PlayStation Storeに掲載
『コール・オブ・デューティ モダンウォーフェア2 キャンペーンリマスタード』に同封されるバンドル特典

『CoD:MW』へ旧マップ追加

なおActivisionのアナウンスによると、Infinity Wardとはこれからもモダン・ウォーフェアユニバースを拡張していく意思があり、『CoD:MW』へ旧マップをどんどん追加していく予定とのことです。

Source: Activision

コメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    2019年リブート版モダン・ウォーフェアに2020年リマスター版モダン・ウォーフェア2に登場するサイモン・”ゴースト”・ライリーのスキンが登場!
    きみもリブート版モダン・ウォーフェアのゴーストのスキンをオリジナルモダン・ウォーフェア2版ゴーストスキンに切り替えて、マルチプレイやウォーゾーンに乗り込もう!

    なお、リブート版モダン・ウォーフェアのキャンペーンモードにはゴーストさんは登場しなかったものの、ラストシーンで存在が示唆されているほか、マルチプレイモードで使えるスキンが登場した際にはリブート版プライス大尉と会話するシーンが描かれた。
    今後登場するかもしれないリブート版モダン・ウォーフェア2でのリブート版ゴーストさんの活躍が期待される。

    また、リマスター版モダン・ウォーフェア2のトレイラーではジョン・”ソープ”・マクタビッシュがロシアの監獄でリマスター版プライス大尉と印象的に再会するシーンも見ることができた。
    この監獄はリブート版モダン・ウォーフェアのウォーゾーンマップにも再現されているので、リマスター版モダン・ウォーフェア2を遊んだあとはリブート版モダン・ウォーフェアのウォーゾーンで訪れてみるのもいいだろう。
    リマスター版プライス大尉が行方不明になった経緯について気になった方は、2017年のリマスター版モダン・ウォーフェアをプレイしてみよう。

  2. By 匿名

    どんどん追加してくれ。

  3. By 匿名

    でもなんで事前に告知が無かったんだろうな
    サプライズで出したかったのか、それともマルチが無いのが後ろめたかったのか
    下手すれば発売したことすら気付かない人すらいるだろ

  4. By 匿名

    日本のPSstore更新はブラウザ版の方が早いぞ

  5. By 匿名

    吹き替えあり。声優は当時の人から変更されてるわ。

  6. By 匿名

    PSNで日本版も配信開始を確認!

  7. By 匿名

    日本PC版ではとりあえず買えたよ(約2500円)
    日本語は現時点では無さそうだけど正直前のあんなローカライズのままなら無くても変わらないね…

    にしてもMWRの時は大炎上したからか今回はかなり商売上手ね
    このくらいの価格でリマスターゲーム1本+現行ゲームのスキンってのは買っちゃう
    FFⅦとかFFXとか、スナイパーエリートとかのリマスターはかなり高かったしね…

  8. By 匿名

    日本版はないかもな〜
    PSStoreの更新される時間帯になっても来てないし。。

    幕間とか吹き替えがあった作品とか考えると、面倒でおま国も有り得そう。

    • By 匿名

      声優は一部変わってる人もいて(?)、「荒野のウエスタンだ」とか「殺せ…」の誤訳に関しては正しい翻訳に直されてる。
      空港の虐殺シーンは例のごとく殺害禁止の模様

  9. By 匿名

    日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?日本は?まさかおま国じゃないよなぁ?

コメントする

*