オーバーウォッチ: 新ヒーロー「エコー」実装は4月15日、ライバル・プレイ仕様変更は14日より実施

オーバーウォッチ: 新ヒーロー「エコー」実装は4月15日、ライバル・プレイ仕様変更は14日より実施

『Overwatch(オーバーウォッチ)』32番目のヒーローとなる「エコー」の実装日が、2020年4月15日になることがオーバーウォッチの公式Twitterアカウントより発表されました。また、ライバル・プレイの近日中の仕様変更も発表されています。

PlayOverwatchによるツイート

ツイート内に書かれた実装日は現地時間で4月14日ということなので、日本時間ではおそらく4月15日に実装されると考えられます。

PTR(パブリックテストリージョン)サーバーには、既にスキンやハイライト・イントロなどのアイテムが追加されています。今からどのスキンを使うのか迷ってみてはいかがでしょうか。

オーバーウォッチ:新ヒーロー「エコー」にレジェンダリースキンを含むカスタム要素を追加(PTR)

ライバル・プレイの仕様変更


現在のライバル・プレイは、ヒーロー・ローテションとマッププール制によってシーズンや週毎に環境が大きく変化していますが、この2つの要素に変更が実施されます。

使用できるヒーローに制限をかけるヒーロー・ローテーションについては、オーバーウォッチリーグをはじめとするプロシーンと一般のプレイ環境で使用不可となるヒーローが共通となり、タンク:ダメージ:サポート=1:2:1の比率で4ヒーローが使用不可となります。

その際、使用不可となるヒーローはライバル・プレイの高レート帯で一定の使用率を超えたヒーローの中から選択され、使用率が高ければ高いほど選択されやすくなるようです。この時、2週連続で同一ヒーローが使用不可となることはありません。

次に、出現するマップを制限するマッププール制ですが、こちらは廃止される事になりました。マッププール制の導入前と同様にシーズン毎にマップが制限される事はなくなりますが、アサルトマップであるParisHorizon Lunar Colonyの2マップは出現しなくなるようです。この2マップは現在多くの意見が寄せられており、将来的に何らかの変化を加えてマッププールに戻す予定であると説明されています。

この2つの変更点は現地時間で4月13日、日本時間では4月14日より適用されると発表されています。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

13,854円(05/25 10:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Refining Hero Pools and Retiring Map Pools

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By drpepper

    ヒーロープール固定するんだ? ヒットスキャン大量にbanしたり、ヒール地獄のモイラアナをbanした
    ウィークは結構すきだったけどなー 
    パリスとルナコロはbanは賛成だわ ダメージ枠がなんでも有すぎるし
    試合長引くわりには中身がないというか…
     

コメントする

*