レインボーシックス シージ: 「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(2/5)、「山荘」リワーク/新型サイト/マップBANシステムなど

レインボーシックス シージ: 「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(2/5)、「山荘」リワーク/新型サイト/マップBANシステムなど

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では間もなく新シーズン「オペレーション・シャドーレガシー」がスタート。新オペレーターZero(ゼロ)以外にも、さまざまな新コンテンツが実装されます。

この記事では追加コンテンツのうち、「山荘」マップのリワーク、各種の新型サイト、そしてマップBANシステムについて紹介していきます。

山荘リワーク

レインボーシックス シージ | Y5S3 オペレーション・シャドーレガシー 先行プレイ!新オペレーター”ゼロ(サム・フィッシャー)” 徹底解説 – EAA

新しい「山荘」。雰囲気はそのままに、内装が大きく変化している

『レインボーシックス シージ』リリース時からのマップ「山荘」が、新シーズンに向けてリワークされました。

全体的な雰囲気は保ちつつ、ランクマッチ・プレイヤーからは不満の多かったエリアが改善されています。爆弾の位置は変化していませんが、2階のN側など窮屈だった部分には部屋や廊下を増築することでローテーションが容易になっています。

1階「リビング」は射線が調整され、以前より入りやすくなった

1階のリビングや正面玄関など、以前は射線が通り過ぎていたエリアでは、壁や窓、階段の位置を変えることで攻防ともに冷静に立ち回れる構造に変化しています。

新しい「娯楽室」。外から直通できる戸口は削除された
2階に追加された「サンルーム」。どこにつながっているのか、歩いて確かめてみよう

以前は守りづらい爆弾位置とされていた1階の「バー・娯楽室」、2階の「メインベッドルーム・オフィス」はそれぞれ増築されているため、これまでの作戦は新しく組み直す必要がありそうです。

ようやく建物屋上を歩けるようになった

またラペリングできる箇所が大幅に増え、建物の屋上も歩けるようになりました。その代わりに天窓が塞がれ、ここからValkyrie(ヴァルキリー)がブラックアイを外に投げるといった小技はできなくなっています。

地下「ワインセラー」の定番の強ポジも削除されていますが、一方で地下「スノーモービルガレージ」手前の壁には、上部にバリケードが追加されたことでガレージ攻めを狙う攻撃側に襲い掛かりやすくなりました。

「スノーモービルガレージ」の入り口上にバリケードが追加(1階リビングにつながっている)

新型サイト各種

スコープ1.5x
スコープ2.0x
スコープ3.0x

これまでの「レッドドットサイト」などはそのままに、新たに1.5倍2.0倍3.0倍の3種類のサイトが追加されました。これにあわせて、これまで「ACOG」と呼ばれていた2.5倍サイトは「スコープ2.5x」へとリネームされています(外見や性能はそのまま)。

(等倍(新型ホロサイト)、1.5倍、2.0倍、2.5倍(ACOG)、3.0倍の順に並んでいる)

サイトはすべての武器に全種類が配布されているわけではなく、同じ武器でも、オペレーターによってサイト構成が異なるケースが多数見られます。

たとえばG8A1は、IQ(アイキュー)のものには等倍サイトしかつけられませんが、Amaru(アマル)の方には2.0倍サイトと2.5倍サイトがついているなど差異化が図られており、「誰のどの武器がどんなサイトを持っているか」を新たに覚え直す必要があるかもしれません。

新型レッドドットサイト

また、レッドドットサイトとホログラフィックサイトにそれぞれ新型が追加されています。特にホロサイトは3種それぞれの見え方が異なるため、人によっては好き嫌いが分かれるかもしれません。

全オペレーターの最新のサイト構成については以下の各記事にまとめられています。

https://fpsjp.net/archives/366443
https://fpsjp.net/archives/366445

サイト種類ごとのADS感度

サイトの種類が増えたのに合わせて、「設定」メニューでADS時のマウス感度をサイト別に設定できるようになりました。

サイトの色変更

また、これまでは赤(リフレックスは緑)で統一されていたスコープ内の色を、「設定」メニューで変えられるようになりました。黄色や青など、自分にとって敵を捉えやすい色を吟味してみてください。

マップBANシステム

マップBANシステムの概要

ランクマッチルールへの新コンテンツとして「マップBAN」システムが実装されます。

完全なランダムピックだった従来の方式から、ランクマッチ開始時に3つのマップが選出されるようになります。両チームで投票し、対戦マッチを決定します。

特定の苦手マップなどに悩まされていたプレイヤーにとっては朗報になるでしょう。ランクマッチはBo1とはいえ、オペレーターBANに続くチーム同士の新たな駆け引きが発生するでしょう。

レインボーシックス シージ:「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(1/5)、新オペレーター”ZERO”ことサム・フィッシャー参戦、アーガスカメラで情報戦を支配せよ

レインボーシックス シージ: 「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(3/5)、ピンシステム2.0/補強ルール変更/サッチャー仕様変更など


https://fpsjp.net/archives/366443
https://fpsjp.net/archives/366445

購読
通知
guest
2 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
名無し
名無し
1 月 前

サイトの色変更はイイね!

実装できたら、レティクル形状とかも変更できたらいいね!

Ubiに言ってみるかなあ…

あああ
あああ
1 月 前

レッドドットの見やすい変更ありがたい!
なんであんなに、見にくいサイトに変更したのかマジでわからん