『CoD:BOCW』マルチプレイヤー詳細:40人モード”ファイヤチーム” / 最大54のアタッチメント / テーマは”極秘作戦”など

『CoD:BOCW』マルチプレイヤー詳細:40人モード”ファイヤチーム” / 最大54のアタッチメント / テーマは”極秘作戦”など

TreyarchとRaven Softwareが共同で開発中の新作『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』は現地時間2020年11月13日(PS5版/Xbox Series X版は2020年末)発売。

『Call of Duty: Black Ops』の正統続編となる本作ですが、今回そのマルチプレイヤーモードについての詳細な情報が公開されました。

『CoD:BOCW』アルファ先行プレイ映像

CoD:BOCW | マルチプレイヤー「コンバインドアームズ(ARMADA)」アルファ先行プレイ映像 【コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー】- EAA

マルチプレイヤーのテーマは「極秘作戦」

  • 秘密工作員: プレイヤーはオペレーターとなり、極秘作戦の最前線に立つことになります。その経歴は機密扱いです。CIA、MI6、KGBなど、冷戦期に活動していた組織の一員として戦いましょう。
  • 没入感のあるプレイ体験: 歴史上の作戦に即した物語の要素が、マルチプレイヤーにおけるストーリー展開にも織り込まれています。キャンペーンで語られるストーリーの数年後を舞台に、マルチプレイヤーにおいてもBlack Opsの象徴的な戦闘による興奮が、今までにない文脈、深さ、そして作戦関与への否定論拠をもって展開されます。
  • 冷戦期の世界を駆け巡れ: プレイヤーは、黒海の激戦水域から、アンゴラの燃えるような砂漠、マイアミ・サウスビーチのネオンまみれのストリート、モスクワ都市部の裏路地まで、世界中の幅広い地域における過激な作戦行動に携わることとなります。これらの環境は、少数の歩兵による小競り合いから、総力をあげた、複数部隊による戦闘まで、マップデザインとプレイスタイルに驚くべき多様性をもたらしています。

  • 完全新規のゲームモード: マルチプレイヤーでは、バラエティ豊かな新モードが用意されています。戦略的な6v6であるVIP ESCORT作戦や、12v12のCOMBINED ARMSバトル、40人のプレイヤーによる実在の戦争、ファイアチームです。
  • ファイアチーム: Black Opsはマルチプレイヤーのゲームデザインにおいて、イノベーションを絶やすことないその伝統に従い、ゲームモードに新カテゴリーとなるファイアチームを追加しました。ファイアチームでは、4人分隊によるチームが10隊、大規模なマップでぶつかり合います。マップには陸・海・空のビークル、さまざまな目標が用意されています。ファイアチームでは、プレイヤーとその分隊が各ミッションを最適な形で遂行するためのサンドボックスが提供されます。ファイアチームの最初の象徴的な一形態は、ダーティーボムと呼ばれるものです。今後数週間のうちにご覧いただけるようになります。
    • ファイアチームスポーンというシステムは、プレイヤーにどのように再出撃するか選択することを可能にします。例えば、戦闘中でないチームメイトの近くにリスポーンする、パラシュート降下によって戦闘に戻る、チームメイトの操縦するビークルの助手席にリスポーンして仲間を助ける、といったものです。

  • マップデザイン: マップの種類は、オープンな戦闘空間をつくるためデザインされた、特徴的な3レーンマップから、歩兵とビークルが刺激的な新しい方法で共に戦う状況を作り上げるユニークな大規模マップまで、多岐にわたります。

シグネチャー・コンバット

  • 諜報活動ツール: 冷戦の時代には1980年代を象徴する様々な武器があり、忠実に再現された象徴的な武器選択により、時代に忠実な体験が可能となりました。Black Opsスタイルに特徴的な素早く流れるようなゲームプレイがもたらされる一方で、エリートオペレーターには完全な装備の選択権が実現しました。
    • クラス作成システムは簡素化される一方で大幅に強化されました。スロットベースの新しい武装システムにおいては、装備不足で戦場に赴くことはありません。システムが柔軟になったことにより、新たな4つのワイルドカードを用いた奥深いカスタマイズで、より強力なクラスを作ることも容易になりました。
    • ガンスミスではメインウェポンに使用できる8つのアタッチポイントを通じて各武器に最大54のアタッチメントを提供します。史上初、特定のワイルドカードを選択した場合には、なんと一度に8つのアタッチメントを装備することができるのです。
    • 武器ステータスによって、マルチプレイヤーには今までにない詳細さと透明さがもたらされます。オリジナルの武器を作成しましょう。今作の扱いやすくかつ奥の深いカスタマイズ体験では、何が装備の中で起きているのか理解しやすくなっています。アタッチメントのステータスをパーセンテージの+/-で調節することもできます。
    • ダイナミックで実りあるスコアストリークシステムでは、もはやデスによってスコアが失われることはありません。そして、倒されずに複数のキルをつなぐことができれば、高倍率でスコアを獲得することができます。チームの目標達成を助けることでもスコアを獲得できます。悪用を防ぐため、各スコアストリークにはクールダウンが設定されています。
  • 陸、海、空: マルチプレイヤーでは複数のミッションタイプにわたって、スノーモービル、ダートバイク、ガンボート、ウェイクランナー、FAVバギー、攻撃ヘリコプター、戦車など、あらゆるシチュエーションに適した新しいビークルが追加されています。
  • パワフルなPERK: スパイクラフト、ギアヘッド、ニンジャ、ゴースト、エンジニアなど、ファンに人気のPERKや新登場のPERKの中から選択することにより、多種多様なプレイスタイルが生まれます。

  • ガンスキルこそ王道: マルチプレイヤーでは『Black Ops 4』よりもさらに厳しく緻密な作戦行動を要する戦いが展開され、あらゆる遭遇において銃のスキルこそ王道であることが再確認されます。
  • 無制限のスプリントと自動回復: プレイヤーは勢いを失うことなく戦場を走りまわることができます。また、手動で操作することなく自動で回復されるため、アクションに集中することが可能です。
  • ダッシュ・テイクオフとスライディングしてしゃがむアクション: ダッシュは自動的に通常のスピードよりも加速して始まった後、通常のダッシュのスピードになります。これにより膠着した状況から抜け出したり、カバーのために走ったりすることが容易になります。またスライディングは自動的にしゃがんだ体勢に移行するため、なめらかでテンポよく動けるようになりました。

  • 伝統的なミニマップ: ミニマップは全てのプレイヤーに対し、消音されていない発砲をマップ上に表示します。
  • ジップラインとラペルライン: 戦場を思うままに移動しましょう。ジップラインを握れば、エリアとエリアの間を移動できます。ラペルを握れば、地表から高所へ、有利なポジションに数秒の間に上昇できます。
  • シネマティックな戦闘体験: 地上でのスリリングな銃撃戦、大海でのビークル同士の激しい戦闘、空中での総力をあげたスコアストリーク大戦。そのいずれにおいても没入感のあるマルチプレイヤー体験はBlack Opsの苛烈なバトルを新たな高みへと導きます。

繋がる物語

  • 新世代、世代間、クロスプレイ: 世代間クロスプレイの互換性がコミュニティを一つにします。プレイヤーは現行ゲーム機から新世代ゲーム機、そしてPC間で、フレンドのゲームに参加したり、パーティーを組んだりできます。
  • ポストローンチの無料コンテンツ: 『Black Ops Cold War』はまた、バトルパス・システムや、発売後の無料追加コンテンツを提供していく予定です。追加コンテンツには、マルチプレイヤーにおけるマップやモード、長期にわたるゲーム内コミュニティイベントが含まれます。
  • 進化したウォーゾーン: 『Black Ops Cold War 』には『Call of Duty: Warzone』と進行状況を共有する要素が含まれ、両タイトルで使用できるインベントリアイテムが追加されます。両タイトルはまた、発売後コンテンツをストーリーの観点から共有しています。『Black Ops Cold War』のテーマや地域、武器、ビークルは『Warzone』の作戦にも関わってきます。

『CoD:BOCW』は現在予約受付中。各バージョンの違いについては下記の記事をご参照ください。なおオープンベータの実施日程については発表されていません。

CoD:BOCW:デジタル版とディスク版の違いまとめ、予約特典や次世代機へのアップグレード注意点など

関連記事

武器やPERK、ゲームモードなどの詳細はこちらの記事をご覧ください。

『CoD:BOCW』マルチプレイヤー詳細:武器 / PERK / スコアストリーク / ゲームモードなどを一挙紹介

EAA!!による、アルファテスト先行プレイのレポートはこちらをご覧ください。

CoD:BOCW:マルチプレイヤー先行プレイレポート、最新技術を盛り込んだ原点回帰のCoD体験

グラフィックやオーディオなど、新世代テクノロジーについてはこちらの記事をご覧ください。

『CoD:BOCW』マルチプレイヤー・イノベーションと新世代テクノロジー:レイトレーシング / ハプティックフィードバック / “脅威プライオリティ” / 弾道の方向性など

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series Xで、発売日は現地時間2020年11月13日(PS5版/Xbox Series X版は2020年末)。

購読
通知
guest
4 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ななし
ななし
10 日 前

極秘任務いうなら単純なマップ構造での正面でドンパチしてくださいみたいなのはどうなのよ
3レーンでいいから広くして、狭くていいから入り組んでで欲しいわ
そんであとはニュークタウン専用プレイリスト常駐しとけばいいと思う

sh
sh
10 日 前

BFのマップでCODの撃ち合いができるかんじ?

おお
おお
10 日 前

たまにあるスクショと文章がまったく違うから読み難い

あ
10 日 前

極秘作戦(敵国の首都の地下鉄でドンパチ)