次世代機Xbox Series Xの廉価版「Xbox Series S」正式発表、価格は約3.2万円

次世代機Xbox Series Xの廉価版「Xbox Series S」正式発表、価格は約3.2万円

マイクロソフトはかねてから噂されていた次世代機Xbox Series Xの廉価版「Xbox Series S」を正式に発表しました。価格は299ドル(約32,000円)。

「Xbox Series S」正式発表

Xbox Series Sは次世代機のパフォーマンス性能を持ち、歴代Xboxの中で最も小さい筐体になるとのこと。公開された本体画像には光学ドライブのスロットが見当たらないことから、ダウンロード専用ゲーム機になると予想できます。

Xbox Series Sの性能は控えめ?

6月に流出したマイクロソフトの内部資料によると、Xbox Series Sの性能は以下の通り。旧世代機のXbox One Xより性能が劣ると推測されていますが、ハイエンドモデルのXbox Series Xと棲み分けするためかもしれません。

  • RAM:7.5GB
  • GPU:4テラフロップ
  • CPU:Xbox Series Xに同じ

Xbox One XおよびXbox One S All-Digital Editionの生産終了、Xbox Series Xへ注力

Xbox Series Sの詳細は今後発表されます。

購読
通知
guest
2 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ありさん
ありさん
13 日 前

FPSだとスペック差が勝敗に関係してくるだろうし選択肢にはならないかな
かと言ってそれ以外のソフトになるとPSみたいなスパイダーマンやデモンズソウルだとか欲しくなるソフトもなさそうだしこれまた選択肢にはならないなぁ
PS4ユーザーはそのまま互換性あるPS5に乗り換えるのがいいのかな、値段が気になるけど

ikutarian
ikutarian
13 日 前

こんなん買ってどうすんのよって思う
今後次世代機向けにゲームも作られていくんだからこれじゃスペック足りないよね