エーペックスレジェンズ:アップデート予定リスト、1月にも各種修正パッチをリリースか

エーペックスレジェンズ:アップデート予定リスト、1月にも各種修正パッチをリリースか

Respawn Entertainmentが手がける『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではホリデーシーズンイベント「ホロデーバッシュ」が現地時間12月1日より開催中。

一方では1月にも各種のアップデートが予定されています。今回は、公式から告知済の情報や過去シーズンの傾向から作成された、今後アップデート・リストを紹介します。

1月もアップデートを予定

シーズン7「アセンション」では新レジェンド・ホライゾンだけでなく、第3マップ・オリンパスを導入するなどその世界を広げ続ける『エーペックスレジェンズ』。12月から年明けまでは「ホロデーバッシュ」イベントが開催されますが、その後はどんなコンテンツを予定しているのでしょうか。

告知済みのバグ修正

いずれも具体的な実装時期は明言されていませんが、以下が『エーペックスレジェンズ』公式Trelloに掲載されているアップデート予定のうちの主たるものです。

  • 無効なトークン・有効期限が切れたトークンによるエラー
    • 主にPS版やXbox版のプレイヤーが遭遇しているエラーで、無効なトークンや有効期限が切れたトークンにアクセスしようとすると接続エラーが起きるというものです
  • オクタンのジャンプパッドのバグ
    • ダブルジャンプができなかったり、想定した高さまでジャンプできなかったりと、ジャンプパッドにはさまざまなバグが確認されており、修正予定となっています
  • Steam版:ロビーのラグ
    • シーズン7のリリースと同時にSteam版のサポートがスタートしましたが、こちらのロビー画面では深刻なフレーム落ちやラグ、グラフィックの崩れなどが報告されています
  • Steam版:プレイヤー名が正しく表示されない
    • Steam版ではプレイヤー名が正しく表示されず、長めの文字列が浮かび上がっているというバグが確認されています
  • トライデントにシーラを設置するとクラッシュする
    • ランパートの固定型ミニガン・シーラは、シーズン7で登場した新ビークル・トライデントとのシナジーが当初は宣伝されていました。しかしこれを実行するとゲームがクラッシュするという事例が多数報告された結果、11月19日付のパッチによってシーラはトライデント上では設置できなくなりました。今後のアップデートで修正するとのことです
シーズン7 – アセンション ゲームプレイトレーラーより。実現するのはいつの日か
  • 通知アイコンに関するアップデート
    • こちらはReddit上で、シニアゲームデザイナーのDaniel Klein氏がユーザーに答えていたものです。キャラクタースキンや武器スキンなどを新たにアンロックしたときに表示される赤い通知アイコンを、「すべて確認済み」としてまとめて消せるオプションを追加するとのこと。こちらは次回大型アップデートで実装されるものと思われます

なおRespawnによれば、他にもTrelloに掲載していない修正予定が数多くあるとのことです。

時期未定・噂レベルのアップデート

  • オーディオバグのアップデート
    • リリース時から海外コミュニティを中心に、ゲーム内オーディオに関するバグ問題が指摘されていました。ホライズン、オリンパス、トライデントといった新コンテンツでもオーディオが正確に再生されない点が報告されており、Respawn側はこれらの改善に取り組んでいます
  • バトルパスの進行システム
    • シーズン7ではバトルパスの進行システムが一新され、各種チャレンジで星を集めていくことになりました。しかしその一方、達成までの苦労に対して星ポイントが見合わないチャレンジが散見されるなど、コミュニティからは不満の声も上がっていました
    • Respawn側では既にバトルパスをシーズン7より前のシステムに戻す作業が始められているそうですが、完全に元に戻すのではなく、調整を加えて出し直す可能性もあります
  • オクタンの強化
    • ジャンプパッドのバグと関連して、オクタンは将来強化されることが公式から告知されています。1月の大型アップデートで早速それが来るのかは不明ですが、果たしてどのようにアビリティが変わるのか、注目が集まります
  • 武器バランス調整の可能性
    • シーズン7のスタートと同時にヘムロックやハボックなどの武器に細かなバランス調整が施されましたが、今後も武器の調整は続くものと思われます。強化が必要な武器としてコミュニティで挙がっているのはオルタネーター、Lスター、チャージライフル。逆に、ディボーションやヘムロック、R-301には弱体化を求める声が見られます
  • クロスプレイのバグ修正
    • 「アフターマーケット」イベントと同時にリリースされた、プラットフォーム間の「クロスプレイ機能」ですが、既にさまざまな問題が報告されているそうです。特に異なるプラットフォームのフレンド同士でチームを組もうとしたときに生じる一連のバグについて、Respawnは対処予定とのこと

他にも過去の傾向から、年明けには新たにイベントが開催され、このイベントに合わせた各種の新スキンの登場や、ワールドエッジやオリンパスの小規模改造などが予想されています。2周年イベントの開催も噂されており、今後はどんなコンテンツが実装されるのか、今から期待が高まります。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: CHARLIE INTEL

購読
通知
guest
13 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る