エーペックスレジェンズ:最新アップデート内容が急遽変更、コースティック強化中止 / ホライゾン突然の弱体化

エーペックスレジェンズ:最新アップデート内容が急遽変更、コースティック強化中止 / ホライゾン突然の弱体化

Respawn Entertainmentが開発する『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では期間限定イベント「ファイトナイト」がスタートしたばかり。

しかし、このイベントに合わせて事前に公開されていたパッチの内容が一部、リリース直前に変更されてしまいました。

コースティック強化中止

コースティック

エーペックスでは、パスファインダーが主役の期間限定イベント「ファイトナイト」が日本時間1月6日から開催されています。これに合わせて、複数のレジェンドや武器のバランス調整も行われることも、パッチノート上で事前に発表されていました。

しかし異例なことに、このパッチノートの一部がリリース直前に変更され、プレイヤーの間で議論が巻き起こっています。

  • 変更点
    • コースティックの戦術アビリティのクールダウン時間を25秒から20秒に短縮」が削除
    • 新たに「ホライゾンのグラビティリフトの有効クールダウンを16秒から21秒に増加」を追記

なお現時点で、日本語版公式サイトには旧バージョンのパッチノートが掲載されています。北米版公式サイトでは修正後パッチノートが確認できます。

コースティックの強化についてはパッチノートの公開後から物議を醸していました。先日も開発スタッフが「コースティックは最弱キャラクターの1人だから」とTwitterで説明したのに対して、コミュニティで激論が交わされていました。

ホライゾン弱体化

一方で、この「突然のパッチノート修正」が混乱を生んでいるもう一つの理由は、シーズン7で登場したばかりの新レジェンド・ホライゾンが弱体化されてしまったことです。

【解禁時間土曜朝0時】エーペックスレジェンズ:シーズン7「アセンション」公式発表会!新レジェンドスキル / ビークル「トライデント」 / クラブ機能の詳細など
ホライゾンのグラビティリフト

ホライゾンは、公式から発表されたシーズン7途中時点でのピック率が、レイスやブラッドハウンドに次いで第3位と高い人気を誇っていたことが関係あるのかもしれません。

シーズン7ではホライゾンをメインで使っていたプレイヤーにとっては残念なお知らせとなりましたが、戦術アビリティが弱体化されることで、今後の対戦環境がどう変化するかに注目です。

その他の変更点

レジェンドの調整以外にも、マップ上に発生するリングに関する調整も加えられています。

  • リング・アップデート:最終リングで起きる混乱をより広範なものにするために、第5、第6リングにいくつか調整を加えました。
    • 第5リングを拡大(半径1500ユニットから半径2000ユニットへ)。収束するまでにかかる時間は同じ
    • 最終リングである第6リングについては、第5リングの中心付近から100ユニット以上離れたあたりのところに向かって100秒以上かけてゆっくり収束していくようになる(訂正)

皆さんも「ファイトナイト」イベントの期間限定コンテンツを楽しみつつ、今回のバランス調整がエーペックスのプレイ感にどんな影響を与えたか、ぜひ確かめてみてください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: DEXERTO

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る