CD PROJEKTがサイバーアタックを受けデータ流出、犯人グループからの身代金要求には断固拒否の姿勢

CD PROJEKTがサイバーアタックを受けデータ流出、犯人グループからの身代金要求には断固拒否の姿勢

『Witcher 3(ウィッチャー3)』、『Cyberpunk 2077(サイバーパンク2077)』を開発したCD PROJEKTが、社外秘の機密データをハッカー集団に盗まれたことを明らかにしました。 犯人グループからは48時間以内に身代金の支払いを要求されていますが、CD PROJEKTは断固として戦う姿勢を取っています。

ランサムウェア事件が発生

昨年、カプコンが社外秘のデータを盗まれ身代金を要求されるランサムウェア事件が発生しました。 この事件では、カプコンは身代金の要求を跳ね除けましたが、犯行グループにより未公開の新作やコラボ計画などを記した当時のロードマップが公開されてしまうといった、経営戦略上のダメージを負うことになりました。 このような由々しき事態が、今度はCD PROJEKTに降り掛かった模様です。

CD PROJEKT REDが公式Twitterアカウントで明かした情報によると、昨日、CD PROJEKTのサーバーに犯人が不正アクセスを行ったことが判明。 サーバー内部に残されていた声明文によると以下の犯行がおこなわれた模様です。

  • 『サイバーパンク2077』、『ウィッチャー3』、『Gwent(グウェント)』のソースコード、ならびに未公開版の『ウィッチャー3』
  • 財務記録、経営、リーガル、ヒューマンリソース、投資家関連などの情報
  • すべてのサーバーを暗号化(ただしバックアップから復元可能)

犯人グループは48時間以内に身代金を支払わない場合は、ソースコードを売り払うかオンラインに公開し、社外秘のドキュメントはゲーミングジャーナリストに送りつけ、会社のイメージは低下し、投資家からは信頼を失い株価は下がるだろうと脅しています。

CD PROJEKTは徹底抗戦の構え

脅迫を突きつけられたCD PROJEKTですが、脅しに屈するつもりはないようです。 いかなる要求や交渉にも応じず、その結果データが流出してしまったとしても、その結果を受け入れると強く表明しています。 また、その流出で影響を受けてしまった組織には個別に対応をしていくとのこと。

さらに、CD PROJEKTが確認できたかぎりでは、今回盗まれてしまったデータに、同社のゲームタイトルのプレイヤーたちやサービス利用者の個人情報は一切含まれていないと念を押しています。

現在、CD PROJEKTはサイバー犯罪に対しての関係各所に連絡を取り、この事件を徹底的に追求していく構えとのことです。

Source: @CDPROJEKTRED

コメントする

*