エーペックスレジェンズ:”モバイル版”プレイ動画登場、三人称視点プレイなど独自要素も?

エーペックスレジェンズ:”モバイル版”プレイ動画登場、三人称視点プレイなど独自要素も?

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではいよいよ現地時間5月4日より新シーズン「英雄の軌跡」がスタートし、新レジェンド・ヴァルキリーや新たな「アリーナ」モードなど膨大なコンテンツが追加されます。一方、待望の「モバイル版」はインドでクローズドベータが始まっており、その内容や他機種との違いが少しずつ明らかになっています。

「モバイル版」インドでクローズドベータテスト開催中

現地時間5月4日には新シーズン「英雄の軌跡」がスタートしますが、エーペックスの今後の注目ポイントはシーズン・アップデートだけではありません。

世界でプレイヤー人口1億を突破したこの大人気バトロワタイトルは、現在モバイル版の開発も進められており、日本時間4月28日にはインドで初のクローズドベータテストが始まっています。さらに公式サイトによると、来月はフィリピンでも同様のテストが行われる模様です。

既に参加中のプレイヤーからの情報によると、起動できるのは今のところAndroid6.0以上のAndroid端末だけで、ファイルサイズは1.34ギガバイトです。iOS端末についてはテスト対象地域を拡大するにつれて利用可能にしていく計画で、こちらはiPhone8以上の端末スペックが求められるそうです。

他にも、以下のことが説明されています。

  • テスト版でプレイできるのはワールズエッジのみで、レジェンドたちも一部のみ
  • モバイル用に特化してデザインされているため、PC版などとのクロスプレイ機能はない
  • PC版などと同様のシーズンアップデートが行われるかどうかは未定
  • 開発チームは別だが、オリジナルの開発チームとも密接に連携している

三人称視点でのプレイが可能?

ストアページは誰でも閲覧できますが、残念ながら各種の対策が施されているため、日本などテストエリア外にお住まいのプレイヤーはこのベータにアクセスできません。しかしゲームプレイ映像は一部が既に出回っています。

一目で分かる大きな特徴として、どうやらモバイル版では三人称視点でのプレイもできることが分かります。グラフィックの描出やテクスチャの品質はコンシューマ版やPC版に比べるとどうしても劣りますが、各種のインターフェースを見た限りでは、既存のプラットフォームと同じように戦えるようです。

apexmobilegraphics
ダイブ時のグラフィック。モバイル用なので描出の負荷は下げられているようだ
apexmobileui
UI一覧。他機種と同様の機能がそろっている
apexlegendscharacters
ミラージュとパスファインダーはテスト時にはいないらしい

日本のプレイヤーがいつモバイル版に触れられるのかは定かではありませんが、ベータテストが進行していることから、それほど長く待つ必要はなさそうです。PC版またはPS4版で既にエーペックスをやり込んでいる方々は、5月4日に始まる新シーズン「英雄の軌跡」の新コンテンツをプレイしながら続報をお待ちください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Android / iOS。

Via: Twitter

コメントする

*