UBISOFTがトム・クランシーシリーズ新作『エックスディファイアント』発表、『CoD』開発者が率いる基本プレイ無料の6vs6チームシューターFPS

UBISOFTがトム・クランシーシリーズ新作『エックスディファイアント』発表、『CoD』開発者が率いる基本プレイ無料の6vs6チームシューターFPS

UBISOFTが保有する『トム・クランシー』シリーズの最新作『XDefiant (エックスディファイアント)』が発表されました。 6vs6のアリーナ型対戦FPSゲームに、トム・クランシーシリーズの『ディビジョン』、『ゴーストリコン、『スプリンターセル』の要素を集約した作品となっています。

トム・クランシーフランチャイズの悪役が主役

『エックスディファイアント』アナウンストレーラー

『エックスディファイアント』はスピード感に溢れたキルタイムが早いアリーナ型のPvPシューターゲームです。 トム・クランシーシリーズの敵勢力のクロスオーバーとなっており、各フランチャイズからファンにはお馴染みの勢力が出演。 プレイヤーは各勢力のキャラクターを操作します。

  • ウルブズ: 『ゴーストリコン』から登場。 シールド系アビリティを所持しており体力が他勢力より高い。
  • クリーナーズ: 『ディビジョン』から登場。DPS特化のアサルトクラス。
  • アウトキャスト: 『ディビジョン 2』から登場。ヒーラー系の勢力。
  • エシュロン: 『スプリンターセル』から登場。 相手の位置をスキャンしたり透明になれるサポート系の勢力。

各勢力にはそれぞれアビリティやロードアウトなどが設定されており、マッチ中では操作キャラクターやロードアウトの変更などはいつでも可能とのことです。

元『CoD』ベテラン開発者が開発チームを先導、『CoD』プロプレイヤーも開発に協力

『エックスディファイアント』はUBISOFT San Franciscoが開発スタジオとなっており、エクゼクティブプロデューサーとしてチームを率いるMark Rubin氏は、かつてInfinity Wardでもエクゼクティブプロデューサーとして『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』を手掛けるなど、10年以上も『CoD』シリーズ開発に携わった実績を持つ方です。また、開発にあたりCoDの有名プレイヤーを招くなど力を入れている様子です。

元『CoD』開発者がUBISOFTで作り上げた新しいシューターゲーム『XDefiant (エックスディファイアント)』の対応プラットフォームはPS5 / PS4 / Xbox Series X|S / Xbox One / PC / Stadia / Amazon Luna。 クロスプレイにも対応し、8月5日からはアメリカ/カナダを対象にPC版のクローズドテストが実施されます。

Source: UBISOFT, @Pixelsofmark, @ShawnJGaming

コメント

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    プレイ感はApexに近いね
    アリーナに特化させた感じかな?銃とかキャラはこっちの方が好き。

  2. By 匿名

    どうせハイスケみたいにゴミゲー

  3. By 匿名

    ヒーローシューターとしてはもう
    R6がそれっぽくなって来てるから
    ガチど高めのがよかったなーと
    これだとヴァロとR6とどっちかでいい、みたいになりそう

  4. By 匿名

    うおおおおおおおお

  5. By 匿名

    ヴァロ並みのアンチチート実装してるならクロスプレイ対応だし次期覇権FPSあるな

    まさか今更FairFightとEasyAntiCheatなんて言いませんよねぇ・・・?

  6. By 匿名

    codって聞くと安心できるけど
    ゴーストって聞くと不安になるの不思議w

  7. By 匿名

    銃声がもっとドカドカデカイ音ならもう言う事ない

  8. By 匿名

    嫌な予感がするけれど無料だし文句はない

  9. By 匿名

    トム・クランシーの世界観とこういうスポーツ系のシューターはあんまり相性良くないと思うわ。ディビジョンとかスプセルは雰囲気を楽しめるからいいけどチーム戦だと雰囲気どころか下手するとOWみたいに敵勢力同士が同じチームにいたりするからトムクラの良さが損なわれそう。

  10. By 匿名

    Mark Rubinってゴーストの魚のAIでめっちゃバカにされてた人やんけ…

コメントする

*