『エーペックスレジェンズ』シーズン10“エマージェンス”:ワールズエッジ改変詳細、クリマタイザーなど新ロケーション / ゴンドラ・ローテーション追加など

『エーペックスレジェンズ』シーズン10“エマージェンス”:ワールズエッジ改変詳細、クリマタイザーなど新ロケーション / ゴンドラ・ローテーション追加など

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では日本時間8月4日よりシーズン10「エマージェンス」がスタート。この新シーズンアップデートに先がけて、7月27日にはゲームプレイトレーラーが公開、大きく改変されたワールズエッジの様子を確認することができます。

新シーズン「エマージェンス」ゲームプレイトレーラー

エーペックスレジェンズ: エマ―ジェンス」ゲームプレイトレーラー

新シーズン「エマージェンス」は日本時間8月4日スタート。7月27日には改変後のワールズエッジを舞台にしたゲームプレイトレーラーも公開されており、新レジェンド・シーアの活躍する姿はもちろん、数々のバトルパスアイテムや、新武器ランページLMGを実際に使っている場面を正式リリース前に確認することができます。

公式サイトではシーズン10で大きく改変されるバトロワマップ「ワールズエッジ」について詳しく紹介されています。

ワールズエッジ改変

ハモンドロボティクスの乱掘によって限界を迎えたワールズエッジは、各所で大きな変動に見舞われています。岩壁が崩落し、大地が割れて溶岩地帯が増加。さらに巨大な陥没穴が開いています。

しかしその一方で、人の手によりこうした環境変化をコントロールしようとする試みがなされており、シーズン10「エマージェンス」のマップアップデートでは、こうした経緯を経た後のワールズエッジを探索することができます。

  • マップ北東部の「精錬所」が「クリマタイザー」に変化
    • 北部エリアのテコ入れ。豊富な戦利品とゴンドラの追加により、魅力的なエリアに
  • マップ南部の「仕分け工場」が「ラバサイフォン」に変化
  • マップ西部の「列車庫」が「ランドスライド」に変化
  • 「クリマタイザー」から「フラグメントイースト」にかけて新しい溶岩の川が出現
    • 付近を移動可能だが、溶岩に触れるとこれまで同様ダメージを受ける
  • ゴンドラ」の追加
    • 溶岩地点や、ラバサイフォンの陥没穴を移動するために用いられる
  • マップ東部の「展望」と「間欠泉」をつなぐローテーションルートを追加

今のところ公式からの明言はありませんが、過去シーズンの傾向通りであれば、この改変後ワールズエッジもいずれはランクマッチで使用されることが予想されます。

日本時間8月4日にシーズン10「エマージェンス」がスタートしたら、多くのエリアが変化したワールズエッジを探訪し、いち早く強力なポジションや激戦区になりそうなエリアを見定めてみてください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Switch。モバイル版準備中

Source: APEX Legends Official

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    エペの話題しかないわけ?

    うんざり

    • By 匿名

コメントする

*