『エーペックスレジェンズ』新武器ランページLMG詳細解説:破格の28ダメージを誇るも速度は最低クラス、テルミットでの強化必須か

『エーペックスレジェンズ』新武器ランページLMG詳細解説:破格の28ダメージを誇るも速度は最低クラス、テルミットでの強化必須か

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では日本時間8月4日よりシーズン10「エマージェンス」がスタート。これに先がけてコンテンツクリエーターのstaycationが、この新シーズンで登場する新たなLMG「ランページ」を実際に使いながら、その性能解説と簡単なレビューを行っています。

APEX新武器「ランページLMG」の強い点と弱い点

Apex Legends Rampage LMG Gameplay First Look!

シーズン10「エマージェンス」では、新レジェント・シーアの他にも、新武器ランページLMGが登場します。テルミットグレネードを消費することで性能が上昇するこのユニークな武器を、コンテンツクリエーターのstaycationがEAとの協同で紹介。その具体的な性能を解説しています。

Apex Legends Rampage LMG Gameplay First Look! 3-33 screenshot
リコイルパターンはこの通り
  • staycationによるランページ性能解説
    • その名の通り武器種はLMGで、対応する弾薬はヘビーアモ(1マガジン46発)
    • リコイルコントロールはとても簡単
    • 発射速度がかなり低く、フルオート射撃ができる武器の中では最低クラス。エイムの正確さが求められる。
    • ヘッドショットダメージは42
    • 胴体ダメージは28
    • 手足ダメージは24
    • 中距離から長距離での撃ち合いに向いている
    • テルミットグレネードを消費することで発射速度が向上。突如として他のLMGを遥かに上回る武器に化ける。この状態なら近距離でも満足に戦えるが、SMG武器より優れているわけではない
Apex Legends Rampage LMG Gameplay First Look! 1-0 screenshot
ヘッドショットで42ダメージ

ベースダメージ28というのは、スピットファイアの18と比べると破格のダメージ量に思えますが、発射速度の遅さがその威力を相殺しているため、キルタイムはどちらが早いのか気になるところです。

テルミットを消費して発射速度を上げた場合だと、キルタイムが具対数でどのくらい変動するのかもシーズン・アップデート後にぜひとも検証したいポイントでしょう。

面白い武器だが上級者向け

紹介動画の後でstaycationは、バトロワモードをプレイしながらランページについてさらに掘り下げたレビューを行っています。彼が言うには、ランページは「使いこなすのに最もスキルが求められる武器の一つ」で、「特に初心者は練習あるのみ」と述べています。

また、「他のLMGと比べて使っていて面白い」、「テルミットを装填する構造はとてもクール」と武器のコンセプトには満足している一方で、やはり初期状態での発射速度の遅さを気にする発言を繰り返していました。

「スピットファイアとランページ、どちらを拾うかと聞かれたら間違いなくスピットファイア。近距離にも対応できるし高いスキルも求められないから」

Apex Legends Rampage LMG Gameplay First Look! 1-24 screenshot
テルミットを装填して発射速度を上げられる

マークスマン系の武器を使いこなせるプレイヤーには、ヘッドショット42ダメージのLMGには満足できるかもしれません。しかし発射速度を考えると、やはり常にテルミット・グレネードを一緒に持ち歩くことが前提の武器のように思えます。

staycationは、今回のランページ紹介動画だけでなく、現地時間8月2日にはさらなる新コンテンツを紹介するとのことなので、いち早くチェックしたい方はぜひ彼のYouTubeチャンネルを登録してみてください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Switch。モバイル版準備中

Source: staycation

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    案の定というかなんというかランパートのパッシブ入ってるの見逃してるな

コメントする

*