Call of Duty League 2021:第5回メジャー大会優勝はミネソタ・ロッカー、CDL史上最大の大逆転劇!

Call of Duty League 2021:第5回メジャー大会優勝はミネソタ・ロッカー、CDL史上最大の大逆転劇!

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の公式eスポーツリーグ「Call of Duty League 2021」の、第5回メジャー大会にてミネソタ・ロッカーが優勝。栄誉と賞金20万ドル(約2,200万円)を獲得しました。

CDL2021:第5回メジャー大会

グランドファイナル:ロッカー 5-4 ウルトラ

  1. ハードポイント(Checkmate):34-250
  2. サーチアンドデストロイ(Moscow):1-6
  3. コントロール(Raid):1-3
  4. ハードポイント(Raid):194-250
  5. サーチアンドデストロイ(Miami):6-3
  6. コントロール(Garrison):3-1
  7. サーチアンドデストロイ(Standoff):6-2
  8. ハードポイント(Apocalypse):250-165
  9. サーチアンドデストロイ(Raid):6-3

第1ゲームのハードポイントはおそらく史上最大点差となる250-34でウルトラが勝利。その後も立て続けにウルトラが勝利し、このままスイープで終わるかと思われました。

しかしロッカーはここから怒涛の反撃を開始します。Miamiのサーチアンドデストロイを取ると、その勢いのまま3ゲーム連取しウルトラに並びます。久しぶりに観客が入った会場では「レッツゴー ロッカー」と「MVP(Standy選手に対し)」のコールが響きます。

完全にエイムが冴えたロッカーは誰にも止められません。Raidのサーチアンドデストロイに勝利し、CDL史上最大の大逆転劇を成し遂げました。

Player of the Stage:Standy選手

Player of the StageはルーキーのStandy選手。逆転の布石になった第5ゲームと最終ゲームのサーチアンドデストロイでは、ともに12キルを記録しました。

  • 全体: 1.10 K/D
  • ハードポイント:1.13 K/D
  • サーチアンドデストロイ:1.35 K/D
  • コントロール:0.92 K/D

順位と賞金

順位と賞金は以下の通り。今シーズン優勝3回のフェイズを、大会前までレギュラーシーズン最下位だったサージが倒すという大番狂わせが起こりました。前半戦の不振が引っ張り、彼らをCDL Championshipsで見られないことに悲しむファンは少なくないでしょう。

対してパリ・レギオンは今シーズン賞金0円に終わり、悪夢のようなシーズンとなりました。今後の活躍に期待しましょう!

  1. ミネソタ・ロッカー:20万ドル
  2. トロント・ウルトラ:12万ドル
  3. オプティック・シカゴ:8万ドル
  4. ダラス・エンパイア:4万ドル
  5. ロサンゼルス・シーブス:2万ドル
  6. シアトル・サージ:2万ドル
  7. ニューヨーク・サブライナーズ:1万ドル
  8. アトランタ・フェイズ:1万ドル
  9. フロリダ・ミューティニアーズ
  10. ロンドン・ロイヤルレイヴンズ
  11. ロサンゼルス・ゲリラズ
  12. パリ・レギオン

『CoD:BOCW』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

コメントする

*