新作BF『BF2042』 サウンドトラック早くも配信:映画「ジョーカー」の作曲家担当で恒例テーマソングも

新作BF『BF2042』 サウンドトラック早くも配信:映画「ジョーカー」の作曲家担当で恒例テーマソングも

Battlefield 2042(バトルフィールド2042)』は2021年10月22日に発売されますが、一足早く公式サウンドトラックが音楽ストリーミング配信サイトで解禁されました。

サウンドトラックがストリーミング配信開始

オープンベータの解禁時期が未だに謎に包まれている本作ですが、ゲーム本編を盛り上げるサウンドトラックが一足早く公開されています。 もちろん、これまでの『Battlefield』シリーズに採用されてきたお約束のテーマソングも収録されています。

以下のリンクからそれぞれのストリーミングサイトのアルバムページに飛べます。

映画「ジョーカー」やドラマ「チェルノブイリ」を手掛けた作曲家

『BF 2042』は現代よりも少し近未来の2042年を舞台としていますが、その世界は「過酷過ぎる自然崩壊」、「経済破綻」、「祖国紛失」、「政治的大混乱」と真っ暗闇な未来でアメリカvsロシアという戦争が始まるという設定です。

そんな本作のサウンドトラックを製作するにあたり、これまで10年以上に渡ってシリーズのサウンドトラックを手掛けてきたJonna Skugge氏とJukka Rintamäki氏のコンビから、映画「ジョーカー」や、ドラマ「チェルノブイリ」といった『BF 2042』のようなダークな作品を手掛けてきたHildur Guðnadóttir氏と、Sam Slater氏のコンビにバトンタッチされています。

BF2042: サウンドトラックが音楽ストリーミング配信サイトで解禁、映画『ジョーカー』を手掛けた作曲家が担当、お約束のテーマソングもあり
Spotifyの関連作品欄はダークな作品ばかりで納得の選出

Hildur Guðnadóttir氏の公式YouTubeチャンネルでは『BF 2042』のメインテーマ”Battlefield 2042”が公開されています。 気になる方はぜひチェックしてみてください。

サウンドトラックの価値は記憶に残るシーンと組み合わせることで高まりますが、『BF 2042』ではキャンペーンモードは採用されていません。サウンドトラックの曲は全てマルチプレイだけで流すのか、それともショートフィルムのように様々な媒体でストーリーを展開していくのでしょうか。

果たして一体どのように楽曲を扱うのか楽しみですが、答え合わせとなる発売日まではサウンドトラックを聴いて心待ちにしたいと思います。

関連記事:

『Battlefield 2042』の発売日は11月19日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PlayStation 5、Xbox Series X|S、PC

コメント

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    歪な戦争へと発展した世界感を表していて個人的には好き

  2. By 匿名

    心躍る感じはしないなぁ。
    キャンペーンでこれ流れてもアレだったし、まあいいか。

  3. By 匿名

    手抜きじゃね?うるさいだけで何も変わってないじゃん

  4. By 匿名

    未だにベータ日程が公式発表されないの大丈夫か

  5. By 匿名

    聞いててあんまワクワクしないな
    1のメインテーマが一番良かった

  6. By 匿名

    メインテーマというよりBFBC2の旧日本軍潜水艦基地とかでBGMとして流れると不気味さが増していい感じ

  7. By 匿名

    今までのメインテーマの中で最下位

  8. By 匿名

    スピーカー壊れたかと思った

  9. By 匿名

    ノイズみたいな音に変わっだけで対して変わらないんだな

  10. By 匿名

    変わったデデンデッデデンデンだったな

コメントする

*