協力型ゾンビFPS『Back 4 Blood』にXbox / PC向けホットフィックス配信、チャット入力時のラグやクラッシュ解消、Steam版が日本語ダイアログに対応

協力型ゾンビFPS『Back 4 Blood』にXbox / PC向けホットフィックス配信、チャット入力時のラグやクラッシュ解消、Steam版が日本語ダイアログに対応

珠玉の名作『Left 4 Dead』を制作した開発者達が手掛けた期待作の『Back 4 Blood(バック・フォー・ブラッド)』。 10月8日からデラックス・エディションとアルティメット・エディション購入者向けに先行プレイが始まっていた本作ですが、10月12日からは通常版プレイヤー向けにも解禁されました。 それにあわせて細かいバグを修正するホットフィックスがXbox / PC向けに配信されました。

2021年10月11日 ホットフィックス

Xbox One / Xbox One X / Xbox Series X / Xbox Series S向け修正

  • 高頻度で発生していたクラッシュを修正しました。

PC版修正: Windows版 / Steam版 / Epic Games Store向け修正

  • PC版でテキストを入力するとラグが発生したり、ゲームがクラッシュしてしまう可能性もあった問題を修正しました。
  • (Windows版オンリー) いくつかのユーザーが体験したパフォーマンスの問題を修正しました。
  • (Steam版) ダイアログの言語を非英語言語でも選択できるようになりました。

なお、『Back 4 Blood』の名前を聞いたことはあるけれども中身を知らないという方のために、概要をまとめた記事を公開していますので、興味のある方はそちらもご参照ください。

Source: Back 4 Blood

コメントする

*