「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドDay2結果、ZeptoがGUTS撃破/大会は予測不可能の展開へ

「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドDay2結果、ZeptoがGUTS撃破/大会は予測不可能の展開へ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では10月28日より東京ビッグサイトにて「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドが開催中。本日は4日間に渡るこのファイナルのうち、Day2の3試合が行われました。

RJCファイナルラウンドDay2

2021年の日本チャンピオンを決める、賞金総額1,500万円の大会「Japan Championship 2021」(以下、RJC )。9月から10月上旬にかけて行われた予選が終了し、10月28日からは東京ビッグサイトにて、残る12チームによる「ファイナルラウンド」が行われています。

RJC2021Day2
RJC 2021ファイナルラウンドの対戦表(Day2終了時点)
  • FAV gaming vs ORTHROS GRIT(2-1でFAV勝利)
    • 銀行(0-7)
    • 山荘(8-6)
    • ヴィラ(8-6)
  • CYCLOPS athlete gaming vs EVA:e(2-0でCAG勝利)
    • 山荘(7-5)
    • オレゴン(7-2)
  • GUTS Gaming vs Zepto(0-2でZepto勝利)
    • ヴィラ(4-7)
    • オレゴン(4-7)

FAVは2度のオーバータイム制し辛勝

Day2の最初の試合は、オフライントーナメント初登場チームとなるORTHROS GRID(ORG)と、国内リーグRJLにも出場する名門チームFAV gamingのマッチアップとなりました。

第1マップ「銀行」では、チャレンジャーであるORGが積極的に仕掛けて3-0で序盤をリードします。FAVもタイムアウトを挟みつつ対応を模索しますが、ORGはその後もVbort選手らが遊撃で堂々とした立ち回りを見せます。その勢いはベテランFAVでも止められず、気が付くと7-0という予想外のスコアでORGが「銀行」を獲得します。

先手を打たれたFAVは第2マップ「山荘」で立て直しを図りますが、今回は互いに攻防で拮抗し、オーバータイムに突入。FAVはどうにか2ラウンドを連取して最終的にスコアを8-6とし、試合はディサイダーマップへもつれ込みます。昨日のDay1では優勝候補チームであるSengoku Gamingが、挑戦者であるBLUE BEESに敗れていたこともあり、会場には不穏な空気が漂います。

悪い予感を裏付けるように、第3マップ「ヴィラ」も混沌とした展開になります。防衛からスタートし、5-1と余裕あるリードを取ったFAVでしたが、攻撃に入ってからは今度はORGの防衛を崩せず、スコアは6-6と再びのオーバータイムに突入します。しかし最終的にはFAVのNo2選手がクワッドキルの活躍でどうにか違いを作り、FAVはラウンドスコア8-6。マップスコア2-1で、挑戦者であるORGを退けることに成功しました。

Day3では、FAVはORTよりもさらに優れた成績でファイナルラウンドにやって来た新造チーム魚群と対戦します。

CAGは前評判に応え準決勝へ

Day1ではREJECTを破った昨年度のチャンピオンチームCYCLOPS athlete gaming(CAG)は、Day2でEVA:eとの準々決勝を迎えました。CAGピックの「山荘」で試合はスタートしますが、対するEVAはCAGの積極的な攻めを冷静に受け止めて見せ、防衛で4-2とリードします。CAGの持ち前の勢いを崩すことに成功したEVAは、そのまま試合を5-5のシーソーゲームへと持ち込むことに成功します。

しかしCAGも、たとえ拮抗した状況でもプレイスタイルを著しく損なうようなことには至らず、粘り強く先に6-5でマッチポイントを得ると、そのまま次の防衛も取って7-5で「山荘」を制覇します。

「オレゴン」はEVA側のピックマップでしたが、攻撃スタートしたCAGは4-2と余裕をもって折り返すと、防衛に入ってからはその完成度がさらに際立つ形となりました。2階防衛をパーフェクトラウンドでしめくくって6-2とすると、最後はBlackRay選手による窓外へのオープニングキルが、EVAのフラッガーMaavi選手を落とす好手となり、7-2で「オレゴン」も勝利。この時点で大会ベスト4以上が決まり、Day3の準決勝へ進出することとなりました。

ZeptoがGUTSを撃破する大金星

国内トーナメントでは以前から名の知られていたチームZeptoが、Day2でいよいよRJCの大舞台に登場。Day1でCGLとの戦いを制したGUTS Gamingとのマッチアップを迎えます。第1マップはZeptoのピックした「ヴィラ」。GUTSは防衛から入っていきなり4-0と大きなリードを掴みますが、4-2で攻防を交代してからは、Zeptoも徐々にその真価を発揮し始めます。

オフライン大会は初挑戦であるにも関わらず、気が付くとZeptoは4-0から攻撃・防衛合わせて6ラウンドを連取し、4-6と先にマッチポイントを獲得します。最終ラウンドでは、Pyon選手がPulseとニトロセルを駆使しながら効果的に人数を削る戦法が機能し、スコアは4-7。挑戦者Zeptoが「ヴィラ」での戦いを制します。スコア上でも、5人全員がそれぞれ撃ち合いでの強さを発揮できるバランスの良さを披露していました。

第2マップの「オレゴン」では、GUTSが逆襲とばかりに攻撃を3連続で通して3-0としますが、その後はZeptoも凌いで4-2のスコアで攻防を交代します。攻撃に回ってからのZeptoは、5人それぞれのスキルの高さ、複数名で動くときの互いの距離やテンポの良さ、チーム全体での駆け引きの上手さなどで随所に強みを発揮し、「ヴィラ」と同様にいつの間にかラウンドスコア4-5と逆転に成功します。

その後の2階攻撃も成功させ4-6でマッチポイントを迎えたZeptoは、この試合では重要エリアの攻略で優れたパフォーマンスを発揮し続けてきたREChaaaaN選手が、地下冷凍攻めでも仕事を果たしてGUTSのせん滅に貢献。ラウンドスコア4-7。マップスコアは2-0で、Zeptoが格上チームであるGUTSに対しストレートでの勝利を得ます。

これでDay1で惜しくも敗れたSengoku Gamingに続き、GUTSもここでRJC敗退という波乱の展開となりました。GUTSに勝利したZeptoは、Day3で優勝候補チームCAGと激突します。RJC2021も残り2日。果たして今年のチャンピオンの座はどのチームが射止めるのでしょうか。

豪華ゲストによる特別配信も実施中

Bluebar出張版

今年のRJCでも、メイン配信と並行してサブ配信「岡副麻希のBLUE BAR ~RJC2021が100倍楽しくなるeスポーツバー~」出張編が、東京ビッグサイトから生中継(X-MOMENTにて)。4日わたって、この大会を盛り上げる豪華ゲスト陣が出演します。

  • 出演者
    • 10月28日:河本準一(次長課長) / Okayama / 津田篤宏(ダイアン) / 古川未鈴(でんぱ組.inc)
    • 10月29日:岡副麻希/ ふり~だ/ CrazyPapiyoN / とにかく明るい安村/ 安部若菜(NMB48)
    • 10月30日:岡副麻希/ Okayama / CrazyPapiyoN / ペナルティ・ヒデ/ えなこ
    • 10月31日:岡副麻希/ CrazyPapiyoN / 河本準一(次長課長) / 今村美月(STU48)

配信情報

RJC「ファイナルラウンド」は、以下のチャンネルでご覧いただけます。

『レインボーシックス シージ』およびシージeスポーツ競技シーンの最新情報や、RJC2021全体の情報などは、以下のサイト、SNSをご覧ください。

コメントする

*