『サイバーパンク2077』がついにPS5とXbox Series X|Sに対応、体験版も配信開始

『サイバーパンク2077』がついにPS5とXbox Series X|Sに対応、体験版も配信開始

『Cyberpunk 2077 (サイバーパンク2077)』の開発スタジオのCD PROJEKT REDが、2022年2月15日に公式生放送を行い「パッチ1.5」を発表と同時に配信。 目玉機能としてPlayStation 5とXbox Series X|Sへの最適化アップデートが適用されました。さらに、冒頭5時間をプレイ可能な無料体験版も新世代機向けに公開されています。

『サイバーパンク2077』新世代機対応アップデート

2020年12月に満を持してリリースされた『サイバーパンク 2077』でしたが、当初はコンソール版への最適化不足による返金対応や、PlayStation Storeでの販売が一時停止されるなど、様々な問題を抱えていました。 しかし、それから1年をかけてアップデートを繰り返し、Steamでの評価は好評に転じるほどの復活劇を見せていました。 そして、2022年2月16日の本日、ついに待望の新世代機に対応する「パッチ 1.5」を配信しました。

新世代機ではレイトレーシングに対応した「レイトレーシングモード」や4K60fpsで稼働する「パフォーマンスモード」を実装。 Xbox Series X|Sでは先立って導入されていた「ヘッドフォンの空間オーディオ」がPS5版にも導入され、DUALSENSEのアクティブトリガーにも対応しました。 人混みの密度を上げたり、AIに新たな行動をさせる「群衆挙動の改善」は新世代機とPC版に適用されています。

また、全機種向けについに主人公「V」の見た目変更が導入されるなど、非常に多くの変更がなされています。 パッチ1.5での変更点の詳しい内容は公式サイトをご覧ください。

「パッチ1.5」適用後の各機種ごとの変更点早見表は以下のとおりです。

体験版が限定配信

PlayStation 5とXbox Series X|Sへの対応を果たした本作ですが、新世代機限定で冒頭5時間をプレイできる体験版が、日本時間2022年3月16日午前1時まで配信されています。 この体験版では最新版となる1.5までのアップデート内容をプレイでき、製品版にセーブデータを引き継ぐことも可能です。

PS4版の注意

パッチ1.5、ならびに体験版の配信といった喜ばしいニュースにあふれていますが、一部のPS4版はパッチ1.5をダウンロードするとゲームを起動できなくなる不具合も確認されています。 詳細が判明するまでは、PS4版ユーザーの方々はアップデートを避け、公式から解決方法が提示されるまでお気をつけください。

Source: Press Release, @CDPRJP

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    これを待ってた。ついに神ゲーをPS5で堪能する時が来た。

コメントする