「2023年は新作CoD発売なし」、2022年の新作『CoD:MW2(仮)』を2年サポートへ

「2023年は新作CoD発売なし」、2022年の新作『CoD:MW2(仮)』を2年サポートへ

Sledgehammer Gamesの『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』では現在シーズン2が進行中。秋には新作の発売も予定されているCoDシリーズですが、2023年はこれまで毎年出ていた新作タイトルがリリースされないようです。

2023年の新作CoDは1年延期へ

現地時間2月22日にBloombergが報じたところによると、これまで毎年大型の新作タイトルが発売されていたCoDシリーズについて、2023年は新作がリリースされず、Treyarchが開発していたものは2024年へ1年延期となるそうです。

『CoD:MW2(仮)』は2年体制へ

一方で、2019年版『CoD:MW』の続編として2022年秋のリリースを予定している『CoD:MW2(仮)』については、2024年に次の新作が発売されるまでの2年のサポート体制となることが同時に報じられています。

今回の発表は、2005年以来毎年1本は新作タイトルがリリースされていたCoDシリーズとしては異例の出来事です。ファンにはショッキングな決定である一方、昨今では開発体制が逼迫していることから、現在のような年次リリースのサイクルに限界が生じているとの指摘が、ファンのみならずActivision社内でも議論になっていたという話もあります。

現在の最新作である『CoD:V』でも、リリース以来の不具合の多さからコミュニティで不満が高まっており、修正作業を優先した結果、現在進行中の「シーズン2」も本来の予定日よりも遅れてリリースされていました。こうした流れが、今回の「2023年の新作スキップ」につながったものと推測されます。

明るい兆しとしては、2022年の新作『CoD:MW2(仮)』は既にアルファバージョンが完成しており、過去2年とタイトルと比較しても開発時間に余裕があったことから、「完成度の高さには期待がもてる」という噂があります。販売元のActivisionがMicrosoftに買収されることも含め、激動の時を迎えたCoDシリーズですが、今年の秋からはその新たな姿が次第に明らかになっていくものと思われます。

Activision側のコメント

Activision側は今回のBloombergの報道について、CharlieIntelやIGNに向けて「不正確である」とコメントしています。どの部分を否定しているのか判然としませんが、正確な部分については適切な時期に発表するとのことです。

アクティビジョン
¥7,918 (2022/07/15 19:28時点 | Amazon調べ)

Source: Bloomberg

コメント

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    これを待ってた

  2. By 匿名

    またアタッチメント増し増しゲーになるんかな。

  3. By 匿名

    新作が出るたびにプレイ人口の流出だけは避けられない。
    良作なのにマルチでマッチングしないってのも悲しかった

  4. By 匿名

    これでコケたらBF2042の二の舞になるから怖いけどめちゃくちゃ楽しみ

  5. By 匿名

    MW2019とか一年で終わらせるには勿体無かったしより長く楽しめる様になるのはありがたい

  6. By 匿名

    レインボーシックスシージみたいに7年もの間アプデ続けてるゲームもあるしいいんじゃね?

  7. By 匿名

    IW、TA、SHGの有料作品三年サイクルにRavenの無料作品加えて4年サイクルって感じになるのかな
    正味毎年出てくれないとやることなくなるから、2年目スタート時に新作と同様のマップと武器追加とかさんくらいしてくれないと噛み続けて味が無くなったガムになっちまうよ

  8. By 肩

    ショッキング? 朗報でしょ
    毎年出ても誰も得してなかったんだし。ここ最近は特に

  9. By 匿名

    これでいいんだ。COD

へ返信する コメントをキャンセル