エーペックスレジェンズ:ストームポイントで設置型アビリティが使用できないバグ修正アップデート配信

エーペックスレジェンズ:ストームポイントで設置型アビリティが使用できないバグ修正アップデート配信

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』へ新たなアップデートが配信、変更内容が告知されました。

APEX バグ修正アップデート

ワットソンやパスファインダーといった設置型のアビリティを持っているレジェンドが、ストームポイントだと正常にアビリティを使用できないというバグがありましたが、本日配布されたアップデートで修正されました。

  • ストームポイントでの設置型アビリティに関する問題を修正
  • Xbox Series X|Sでサードパーティ製のコントローラーが動作しない問題を修正
  • いくつかの次世代コンソールやコントロールモード、バンガロールのストーリーイベントに関する問題などを修正し
GOOD SMILE COMPANY
¥5,965 (2022/04/23 12:45時点 | Amazon調べ)

Source: @Respawn

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    Xbox Series X|Sでサードパーティ製のコントローラーが動作しない問題を修正の部分
    本題からズレるけど実はPS5と箱の決定的な違いがサードコントローラーの使用の有無なんだよなぁ PS5の場合はプロテクトが厳重だからスカフとかの改造コントローラー以外を弾いてる状態らしい んで箱は旧世代の背面公式プロコンとかrazerのプロコンも使えるからクロスプレイするんならちょっと不公平なのよね 日本だとあまり関係なさそうだけど クロスプレイを実装してるのにハード間の入力デバイスの公平性は結局次世代でも保たれないんだよね 公式のPS4背面パットだって流通しきってないのに  

コメントする