CoD:ウォーゾーン:”シーズン3リローデッド”新コンテンツ公開、カルデラ地下にトロッコ路線 / 新PERK”SERPENTINE” / 新アイテム3種など

CoD:ウォーゾーン:”シーズン3リローデッド”新コンテンツ公開、カルデラ地下にトロッコ路線 / 新PERK”SERPENTINE”  / 新アイテム3種など

Raven Softwareの『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』では「シーズン3」が進行中。日本時間5月24日には、ミッドシーズン・アップデートにあたる「シーズン3リローデッド」の全コンテンツが公開されました。

『CoD:ウォーゾーン』シーズン3リローデッド

新機能や新モード、新バンドルが多数登場するシーズン3「極秘兵器」リローデッドは、以下の日程でスタートします。

  • 『CoD:ヴァンガード』:日本時間5月25日午前4時
  • 『ウォーゾーン』:日本時間5月26日午前1時

新要素:カルデラの地下輸送用トロッコシステム

VGD-S3R-ANNOUNCEMENT-001

カルデラの各エリアを移動するのに便利な地下トロッコシステムが登場します。TACマップとミニマップには、銀色の「地下庫の扉」アイコンが島内の14カ所に表示されるようになり、そこにある扉から地下空間にアクセスできるようになります。

14個のうち7つは以前からネビュラⅤの隠しバンカーとして利用されていましたが、そこからさらに下に降りていくことでトロッコハブを発見することができます。残りの7つはハッチから地下に降りていく仕組みで、路線全体の地図もそこで発見することができます。

トロッコにインタラクトすることで目的地の名前が表示されるので、そこから自動的に目的地に移動することができます。地下空間では音や光をヒントに、近くに敵がいるかどうかが分かるようになっており、傍にある信号が緑色であれば基本的に安全で、それ以外の色が意味するものはお察しの通りです。信号が消えている場合は、ガスが迫ってきたことで、もうその目的地には行けないことを示しています。

ダッシュ中ダメージを軽減する新PERK「Serpentine」

VGD-S3R-ANNOUNCEMENT-003

PERK1のスロットに登場する新PERK「Serpentine(サーペンタイン)」が、シーズン3リローデッドのアップデート後にすべてのプレイヤーにアンロックされます。

  • Serpentine:ダッシュ中に、銃弾、爆発物、炎から受けるダメージを20%軽減する

競合PERKが多数あるPERK1スロットですが、こちらは危険な状況から逃れるのにうってつけのPERKになっています。一方でSerpentineを装備したプレイヤーを攻撃すると、蛇のインジケーターが表示されるので、追う側にもそれと分かるようにバランスが取られています。

『ウォーゾーン』の新たな地上アイテム3種

VGD-S3R-ANNOUNCEMENT-004

戦場で拾うことができる各種アイテムに、新たに3種類の便利なものが加わります。

  • 収容所エントリートークン
    • このトークンを所持していると、デスしたときに自動的に収容所に送られるため、何度も拾うことができれば何度でもバトロワへの復活のチャンスがあります。ただし同時に所持できるのは1つまでで、収容所が閉鎖された後はトークンはキャッシュへと変換されます。
  • 再出撃離脱トークン
    • このトークンを所持していると、デスしたときに自動的に再出撃させてくれます。収容所でつ必要も、購入ステーションで復帰要請アイテムを購入する必要もありません。収容所エントリートークンと同じく、同時に所持できるのは1つまでで、収容所が閉鎖されるとキャッシュに変換されます。
  • スピードブースト
    • Clash(クラッシュ)モードのサプライドロップからよく手に入るようになるレアアイテムで、拾うと自動的に移動速度が強化され、スライディングやジャンプと組み合わせることで、これまでは不可能だった場所へ移動するなど、その機動力を活かした新たな小技を編み出せるようになります。

通常のバトロワモードでは見つけにくいアイテムで、またその効果時間も限られていますが、うまく使うことでチームを勝利に導くことができるでしょう。

新フィールドアップグレード:レーダージャマー

通常のCoDシリーズのマルチでもおなじみのフィールドアップグレード「レーダージャマー」がウォーゾーンにも登場します。敵のTACマップをかく乱し、狭い範囲でのキルストリークを封じることができます。ただし他のフィールドアップグレード同様、PERKの「エンジニア」でハッキングされてしまう点には注意が必要です。

プランダーなどのモードでは装備して出撃することはできませんが、サプライボックスや、低確率で地上アイテムとして獲得することができます。

高レアリティゾーンの常設

オペレーション・モナークで登場した、ハイリスク・ハイリワードな「高レアリティゾーン」が通常バトロワに常設されます。文字通りにレアリティの高いアイテムばかり拾えるこのゾーンはTACマップ上で確認できますが、全プレイヤーに同じものが表示されている点には要注意です。奪い合いになる危険を覚悟しつつ、思い切って勝ちに行きましょう。

ウォーゾーンの新たな期間限定モード「Champion of Caldera」

VGD-S3R-ANNOUNCEMENT-006

「カルデラのチャンピオン」を目指す、ソロ向けの緊迫したフリーフォーオール・バトロワモードです。最大150人のソロプレイヤーがカスタムロードアウトとガスマスク1つ、そして再出撃離脱トークンを持って出撃します。

このモードの地上アイテムには装備品が多く、エピックやレジェンダリーの武器はほとんど見つかりません。購入ステーションはグレードアップしており、キャッシュでアドバンスUAVやスペシャリストボーナスなど豪華アイテムが購入できるほか、キルすると体力、装備品、弾薬が回復するので、積極的に撃ち合いにいくことが求められます。

Rebirth Islandのゲーム内イベント

VGD-S3R-ANNOUNCEMENT-007

シーズン3リローデッドの「Rebirth Island」では、ストーリー仕立ての新ゲームモード「Occupation Scan(占領スキャン)」が開催されます。

Rebirth Resurgenceに似たこのモードでは、島のレーダー塔からスキャンレーダーが何度も放たれ、スキャンされたオペレーターの位置を他のプレイヤーのTACマップとミニマップに表示します。スキャンされる時間は短いものの、オペレーターたちに緊迫感を与えるイベントです。

SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)

Source: CoD BLOG

コメントする