ローグライトFPS『Gunfire Reborn』:新ヒーローや新武器などアップデート計画公開、250万本突破記念で25%OFFセール開始

ローグライトFPS『Gunfire Reborn』:新ヒーローや新武器などアップデート計画公開、250万本突破記念で25%OFFセール開始

2022年7月1日、Duoyi NetworkのFPS&RPG『Gunfire Reborn』は、2022年-2023年のアップデートロードマップを公開。公開されたロードマップによると、2022年夏と2023年春に2つのDLC、2022年冬の無料アップデートが予定されており、新ヒーロー、新武器、新モードなど多数の新規コンテンツがリリースされるとのこと。

また、PC版『Gunfire Reborn』の全世界累計販売本数が250万本を突破したことを記念し、サマーセール期間中(6月24日から7月8日まで)は、Steamにて25%OFF¥2,050 → ¥1,537)のセール価格で販売されています。

『Gunfire Reborn』2022-2023年のアップデートロードマップ

『Gunfire Reborn』は、革新的なPvEタイトルを目標に作成されており、FPS+ローグライトなランダム要素+戦略的RPGの成長システムが採用されています。現在はPC版とモバイル版がリリースされており、今後はXboxを始めとしたコンソール版のリリースも計画されているそうです。

『Gunfire Reborn』開発チームによると、先述の新規コンテンツのリリースにより、レベリング、戦闘スタイル、ジャンル、フォーメーションの選択肢が豊かに。プレイヤーはより多くの可能性を探し出せるようになり、ゲーム体験はより楽しいものになるだろうとのこと。

独特なアートスタイルと革新的なゲームプレイ

『Gunfire Reborn』は従来のFPSゲームとは異なり、Low-Polyなアートスタイルを採用。シンプルながらかわいらしいビジュアルが魅力となっています。そんなアートスタイルで描かれるヒーローは、現在6人(Qian Sui、Tao、Lei Luo、Qing Yan、Ao Bai、Crown Prince)が登場しており、今後は有料アップデートでの新規ヒーローのリリースも予定されています。

これらヒーローは固有の武器やスキルもっており、墓穴、砂漠、海岸、雪山といったマップに合わせ選択、ビルドを構築し、挑む度に新しい体験が待つ冒険に向かいます(詳細ページ)。マルチプレイは、最大4人でのオンライン協力プレイに対応。

100種類以上のアイテムとさまざまな武器が登場

2020年5月23日に早期アクセスが開始された『Gunfire Reborn』は、半年後に100万本販売を達成。『Gunfire Reborn v1.0』がリリースされた2021年11月18日には200万本販売を達成し、2022年7月1日には250万本を突破。現在(2022年7月1日時点)もSteamでは94%の好評を維持しています。

今後も長期的なアップデートが計画されている『Gunfire Reborn』。魅力的な絵柄に興味を持った方は、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

『Gunfire Reborn』詳細

Source: Press Release

コメント

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 2 )
  1. By 匿名

    ローグ成分激薄だからあまり気にしなくていいで。いろんな効果のあるスクロールがでるけど、どれもこれも単純なバフ(たまにデバフ)で、プレイスタイルに影響を及ぼすようなものではない。

    持っておくと、FPS欲を解消したいけど対人は嫌だってときに便利な一品。

  2. By 匿名

    ローグライトって言葉大嫌い

    • By 匿名

      ローグライトもお前のこと大嫌いだよ

      • By 匿名

        お前も嫌いだよ
        嫌いすぎて却って好きなるくらいに

    • By Team EAA

      ローグライトは君のことが大好きだよ

コメントする