ヴァロラント:球状のバリアや歪曲可能なスクリーンを展開、新コントローラー「ハーバー」のプレイ映像公開

ヴァロラント:球状のバリアや歪曲可能なスクリーンを展開、新コントローラー「ハーバー」のプレイ映像公開

本日2022年10月14日、Riot Games(ライアットゲームズ)は、無料タクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』にて実装される20人目のエージェント、「Harbor(ハーバー)」のゲームプレイ紹介トレーラーを公開。また、本日より一部プレイヤーを対象とした先行プレイがスタートしており、アビリティの詳細も判明しました。

新コントローラー「ハーバー」ゲームプレイ紹介トレーラー

新コントローラー「ハーバー」は、2022年10月19日より開幕する「EPISODE 5:ACT III」にて実装されます。

先行プレイの映像

「ハーバー」の所有アビリティ

“カスケード”(150クレジット)

構えを取り、「発射」で前方に向かって波を発生させる。波は地形を貫通する。「再使用」で、波の動きを途中で止めることができる。波に当たったプレイヤーはスロウ状態になる。

視界を遮る板状の波を前方に展開するアビリティ。展開された波は自動的に前進(最長約40m)し、任意のタイミングで止める事も可能。また、壁などの障害物に接触した場合は貫通し、前進を続けます。

展開時間は約10秒。波の停止にはモーションを要さないため、武器を構えながら波と一緒に前進、停止することが可能です。

コーヴ(350クレジット)

シールドを発生させる球状の水を構え、「発射」で前方に投げる。「オルト射撃」では軽く放る。地面に当たると、弾丸を防ぐ水のシールドが展開される。

耐久値が設定された球状のシールドを展開する投てきタイプのアビリティ。球状のシールドは約15秒の時間経過、又は耐久値がなくなった時点で消滅します。シールドは敵味方の視界を遮るため、球状のスモークとして使用することも可能。

耐久値自体はヴァンダル13発で削りきる事ができますが、ピストルラウンドではかなりの耐久力を発揮しそうです。「弾丸を防ぐ」との表記から、似た表記(「銃弾をブロック」)がされているアストラの“コズミックディバイド”と同様に、アビリティの侵入は防ぐことができないと予想されます。

ハイタイド(無料)

腕輪を構え、「発射」で前方に向かって、または「発射長押し」でクロスヘアの方向に誘導しながら水の軌道を地面に描き、その軌道上に水の壁を発生させる。水の壁は地形を貫通する。壁の誘導中に「オルト射撃」で早めに止めることができる。これに当たったプレイヤーはスロウ状態になる。

ヴァイパーの“トキシックスクリーン”と同程度の長さを持つスクリーンを展開するアビリティ。“トキシックスクリーン”と異なり、フェニックスの“ブレイズ”のように曲げる事が可能であり、壁に当たった場合でも継続して水の軌道を描く事ができます。展開時間は約15秒クールタイムは、展開、誘導開始から40秒

レコニング(7ポイント)

構えを取り、「発射」でアーティファクトの力を開放して、地面に間欠泉のエリアを展開する。エリア内にいる敵プレイヤーは間欠泉から繰り返し攻撃を受け、攻撃に当たったプレイヤーはスタン状態になる。

展開された間欠泉のエリアは、徐々に前進していきエリア内の敵プレイヤーに対し、繰り返しスタン攻撃を行います。間欠泉エリアの展開時間は約9秒で、スタン攻撃は最大で3回行われます。

スタン攻撃には派手なエフェクトが伴うため、索敵としても機能しそうですが、スタン攻撃の前には足元にエフェクトが表示されるため、移動によって被スタンを回避する事は可能です。

バトルパス報酬

先行プレイでは、次期シーズン「EPISODE 5:ACT III」のバトルパス報酬も確認することができます。また、次期シーズンではUI関連のアップデートも予告されています。詳細についてはニュースページをご確認ください。

  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
ソニー(SONY)
¥8,536 (2022/12/08 04:15時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
Rakuten

Source: VALORANT

コメントする