PC版『CoD:MWll』&『ウォーゾーン2.0』:フレームレート(FPS)の劇的改善設定

PC版『CoD:MWll』&『ウォーゾーン2.0』:フレームレート(FPS)の劇的改善設定

ActivisionおよびInfinity WardのCoDシリーズ最新作『Call of Duty: Modern Warfare ll (コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2/ MWll)』ではシーズン01が始まりましたが、そのクオリティの高さと相まってフレームレート(FPS)を稼ぐのが難しくなっています。

そこで「グラフィックよりフレームレート!」というゲーマー向けにFPSを改善する方法を、海外Redditなどから徹底調査。現段階で最終的に行き着いたグラフィック設定が完成したので紹介していきます。

CoD:MWll PC版のフレームレート改善方法

今回紹介するフレームレート改善を行う前は、グラフィックプリセット「最低」で平均180 FPSだったのが、改善後は平均200 FPSほどに向上しました。筆者の簡単なPCスペックは以下になります。

  • CPU:Ryzen 5900X
  • GPU:Geforce RTX 3080
  • メモリ:32GB 3200Mhz
  • 解像度:フルHD(1920 x 1080)

『CoD:MWll』ではベンチマークテストが追加されているので、グラフィック設定のクオリティプリセット「推奨(パフォーマンス)」「最低(DLSS有)」「最低(DLSS無)」「改善設定」の4種で比較してみました。改善後はDLSS無しでも平均200 FPSを達成可能で、極限までフレームレートを改善することができます。筆者の環境だと改善後にテクスチャー解像度や異方性を多少調整してもFPSの大きな減少は発生しなかったので、推測になりますが低スペックでプレイする人ほど効果を実感できるかもしれません。

推奨(パフォーマンス)設定、DLSSクオリティで平均161 FPS
最低設定、DLSS無しで平均184 FPS
最低設定、DLSS(クオリティ)で平均202 FPS、本来ここが限界
今回紹介する設定ならDLSS無しでも平均200 FPS超え達成できる

PC環境によっては改善具合に差が出るケースも想定されます。また、設定変更は自己責任で!

PC版 CoD:MWll フレームレート改善方法

設定ファイル「options.3.cod22.cst」を編集

ゲーム内で調整するグラフィック設定では限界があるので、直接ゲームの設定ファイルを開いてグラフィック項目の値を編集します。設定の流れはファイルを以下の通り。

編集前に「options.3.cod22.cst」をコピーして元の設定をバックアップしておきましょう。

  • 手順1. 「ユーザーフォルダ\ドキュメント\Call of Duty\players\options.3.cod22.cst」をメモ帳で開く
  • 手順2. Graphics」の項目を検索して以下のコード(※1)に項目内の設定を全て差し替える
  • 手順3. Thread count for handling the job queue」の項目を検索して値をCPUのコア数-1に変更する
  • 手順4. CacheSpotShadow:0.0 = “Preserve Updates”」と「CacheSunShadow:0.0 = “true”」(※2)を一番下に追記する
  • 手順5. 上書き保存して閉じる

手順1. メモ帳に「options.3.cod22.cst」をドラッグ&ドロップすればファイルを編集できます。

手順2. 以下のコードをそのままコピーして「Graphics」項目内の設定全てに上書きしてください。

この項目
//
// Graphics
//

// User preferred anti-aliasing technique
AATechniquePreferred:0.0 = "SMAA T2x" // one of [SMAA T2x, Filmic SMAA T2x, XeSS]

// Strength for Contrast Adaptive Sharpening (CAS)
AMDContrastAdaptiveSharpeningStrength:0.0 = "0.400000" // 0.000000 to 1.000000

// Enable AMD FidelityFX Super Resolution
AMDSuperResolution:0.0 = "CAS - Sharpening only" // one of [Off, CAS - Sharpening only, AMD FSR 1.0]

// AMD FidelityFX Super Resolution quality
AMDSuperResolutionQuality:0.0 = "Maximum Quality" // one of [Maximum Performance, Balanced, Maximum Quality, Ultra Quality]

// Absolute target resolution
AbsoluteTargetResolution:0.0 = "none" // one of [540P, 640P, 720P, 900P, 1080P, 1440P, native, none]

// Show bullet impacts
BulletImpacts:0.0 = "false"

// The maximum distance at which clutter models are rendered.
ClutterMaxDist:0.0 = "100.000000" // 100.000000 to 10000.000000

// Corpses culling threshold
CorpsesCullingThreshold:0.0 = "0.850000" // 0.500000 to 1.000000

// Enable deferred physics
DeferredPhysics:0.0 = "Low Quality" // one of [Low Quality, Medium Quality, High Quality, Developer]

// Activate dynamic scene resolution
DynamicSceneResolution:0.0 = "false"

// Target frame time in ms for dynamic scene resolution.
DynamicSceneResolutionTarget:0.0 = "3.70000" // 0.000000 to 100.000000

// Strength of the filmic visual noise filter
FilmicStrength:0.0 = "1.000000" // 0.000000 to 1.000000

// Preferred GPU if multiple GPU system
GPUName:0.0 = "NVIDIA GeForce RTX 3080"

// GTAO Quality level
GTAOQuality:0.0 = "R_GTAO_QUALITY_LOW" // one of [R_GTAO_QUALITY_LOW, R_GTAO_QUALITY_MEDIUM, R_GTAO_QUALITY_HIGH, R_GTAO_QUALITY_ULTRA]

// Set HDR activation mode. Option only takes effect on HDR Display.
HDR:0.0 = "Off" // one of [Off, On, Automatic]

// LODs distance quality
ModelLodDistanceQuality:0.0 = "Base Quality" // one of [High Quality, Base Quality]

// Models quality
ModelLodQuality:0.0 = "Base quality" // one of [High quality, Base quality]

// Enable NVIDIA Image Scaling
NVIDIAImageScaling:0.0 = "false"

// NVIDIA Image Scaling quality
NVIDIAImageScalingQuality:0.0 = "Maximum Quality" // one of [Maximum Performance, Balanced, Maximum Quality, Ultra Quality, Custom, Native Quality]

// NVIDIA Image Scaling sharpness
NVIDIAImageScalingSharpness:0.0 = "0.300000" // 0.000000 to 1.000000

// Particle Lighting Quality
ParticleLighting:0.0 = "0" // 0 to 5

// Particle Quality quality level
ParticleQualityLevel:0.0 = "very low" // one of [very low, low, medium, high]

// Particle Resolution quality level
ParticuleResolution:0.0 = "false"

// Enable persistent damage layer
PersistentDamageLayer:0.0 = "true"

// Particle Lighting quality level
PixelPerLightmapTexel:0.0 = "1.000000" // 1.000000 to 256.000000

// Enable half resolution reflection probes
ReflectionProbeHalfResolution:0.0 = "true"

// Reflection probe relighting update stages
ReflectionProbeRelighting:0.0 = "4" // 1 to 4

// SMAA Quality level
SMAAQuality:0.0 = "SMAA_QUALITY_LOW" // one of [SMAA_QUALITY_LOW, SMAA_QUALITY_MEDIUM, SMAA_QUALITY_HIGH, SMAA_QUALITY_ULTRA]

// Screen-space ambient occlusion method
SSAOTechnique:0.0 = "Off" // one of [Off, GTAO, MDAO, GTAO & MDAO]

// Screen-space reflection mode
SSRMode:0.0 = "Off" // one of [Off, Deferred LQ, Deferred HQ]

// Screen Space Shadow quality level
ScreenSpaceShadowQuality:0.0 = "Off" // one of [Off, Low, High]

// Select the shader quality setting
ShaderQuality:0.0 = "Low" // one of [Default, Medium, Low]

// Shadow resolution quality level
ShadowMapResolution:1.0 = "Very Low" // one of [Very Low, Low, Normal, High, Extra, Ultra]

// Adjust size of Spot Shadow Cache
SpotShadowCacheSize:0.0 = "0" // 0 to 3

// Quality level of spot shadow
SpotShadowQualityLevel:0.0 = "Low" // one of [Low, Medium, High]

// Static sunshadow moment clipmap resolution
StaticSunshadowClipmapResolution:0.0 = "1" // 0 to 2147483647

// Catmull Clark subdivision level
SubdivisionLevel:0.0 = "0" // 0 to 8

// Quality level of shadows from the sun at a distance
SunShadowCascade:0.0 = "Low    (1 cascade" // one of [Low    (1 cascade), Normal (2-3 cascades)]

// Tessellation quality level
Tessellation:0.0 = "0_Off" // one of [0_Off, 1_Near, 2_All]

// Texture filtering quality level
TextureFilter:0.0 = "TEXTURE_FILTER_NEAREST" // one of [TEXTURE_FILTER_NEAREST, TEXTURE_FILTER_LINEAR, TEXTURE_FILTER_ANISO2X, TEXTURE_FILTER_ANISO4X, TEXTURE_FILTER_ANISO8X, TEXTURE_FILTER_ANISO16X, TEXTURE_FILTER_CMP]

// Texture quality level, high to low ( higher number means lower resolution )
TextureQuality:0.0 = "3" // 0 to 3

// Ui Quality
UiQuality:0.0 = "Auto" // one of [1080P, 4K, Auto]

// Use large physical textures
VirtualTexturingLargeMemory:0.0 = "true"

// Volumetric quality
VolumetricQuality:0.0 = "QUALITY_LOW" // one of [QUALITY_LOW, QUALITY_MEDIUM, QUALITY_HIGH]

// Select water caustics mode
WaterCausticsMode:0.0 = "Off" // one of [Off, Low Quality, High Quality]

// Select weather grid volumes quality
WeatherGridVolumesQuality:0.0 = "Off" // one of [Ultra, High, Medium, Low, Off]

// World streaming quality option
WorldStreamingQuality:0.0 = "Low" // one of [Low, High]

// XeSS quality
XeSSQuality:0.0 = "Balanced" // one of [Maximum Performance, Balanced, Maximum Quality, Ultra Quality, Custom]

「Preferred GPU if multiple GPU system」の項目は、ゲーム起動時に自動でPCに搭載されたGPU名に更新されます。

手順3. 「System」の項目にある「Thread count for handling the job queue」の値を、CPUのコア数-1に修正。最新のIntelの場合P-coreとE-coreの2種類があるのでP-coreのみで計算します。情報によるとコアに1つ余裕を持たす事でフレームレート変動時の乱れ(スタッター)予防になるそうです。おまじない程度かもしれませんが設定しておきましょう。

// Thread count for handling the job queue
RendererWorkerCount:0.0 = "11" // -1 to 16

(例:Intel 12900KならP-coreが8なので値は7にする。AMD 5900X ならcoreが12なので値は11にする。もしコア数が17以上のCPUなら最大値16にしておく)

手順4. 最後に以下のコード2つ(※2)を検索。表示されなければ設定ファイルの一番下にそのままコピーして追記してください。

CacheSpotShadow:0.0 = "Preserve Updates"
CacheSunShadow:0.0 = "true"

手順5. 以上の設定を終えたら上書き保存してからゲーム起動。

設定確認

設定から「グラフィック/品質」が以下と同じ表示になっているか上から順に確認してください。

クラッター描写距離は値が表示されないのが正しい
  • クオリティプリセット:カスタム
  • レンダリング解像度:100
  • アップスケーリング/シャープニング:FIDELITYFX CAS
    • FIDELITYFX CAS強度:40(お好み)
  • アンチエイリアス:SMAA T2X
  • アンチエイリアス品質:低
  • ビデオメモリスケール:80(お好み)
  • テクスチャー解像度:超低
  • テクスチャフィルターの異方性:低
  • 近距離の詳細度:低
  • 長距離の詳細度:低
  • クラッター描写距離:(何も表示されていない)
  • テクスチャ品質:高
  • パーティクル品質レベル:超低
  • 着弾&スプレー:オフ
  • シェーダー品質:低
  • モザイク:オフ
  • 地形メモリ:MAX
  • オン・デマンド テクスチャストリーミング:オフ
  • ストリーミング品質:低
  • 体積品質:低
  • ディファードフィジックス品質:オフ
  • ウォーターコースティクス:オフ
  • シャドウマップ解像度:超低
  • スクリーンスペースシャドウ:オフ
  • スポットシャドウの解像度:低
  • スポットキャッシュ:低
  • パーティクルライティング:低
  • アンビエントオクルージョン:オフ
  • スクリーンスペースリフレクション:オフ
  • スタティックリフレクション品質:低
  • 天候グリッドボリューム:オフ
  • NVIDIA REFLEX低遅延:オン(お好み)
  • 被写界深度:オフ(お好み)
  • ワールドモーションブラー:オフ(お好み)
  • ウェポンモーションブラー:オフ(お好み)
  • フィルム粒子:0.00(お好み)

フレームレート改善でゲームに没入しよう

シュートハウスは190~260FPS、ただしテクスチャが初代PS風に

筆者の環境と改善したグラフィック設定であれば、シーズン1で追加されたシュートハウスでほぼ200 FPS以上、WARZONE2.0のアル・マズラなら平均180 FPS前後をキープ。

ただ欠点として、エフェクトを含む描写が全て初代PSを思い出すテクスチャになります。気になる方は「テクスチャフィルターの異方性」をノーマルで適用してから低で適用(表示上でノーマルにしてから低に戻す)、または設定ファイルの「Texture filtering quality level」項目を「TEXTURE_FILTER_NEAREST」以外に変更すればテクスチャにぼかしが入って改善されます。

WARZONE2.0のアル・マズラで130~250 FPSプレイ可能

今回ご紹介した方法はあくまでもユーザー側による対処法なので、ゲーム側やグラフィックドライバーの最適化によっては今後更なる改善の見込みがあります。フレームレートを改善して突撃プレイを楽しみましょう。

最新のPC構成なら400 FPSも狙えるらしい
  • タイトル:Call of Duty: Modern Warfare ll(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア Ⅱ)
  • 発売日:2022年10月28日
  • 対象機種:PS5/PS4, Xbox X|S/Xbox One, PC(Battle.net / Steam
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,100 (2023/01/16 23:20時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By sera

    逆にフレームレート落ちるんだけど何でだ?

  2. By 匿名

    予期せぬアプリエラー多すぎて萎えました。せめて試合前に戻して欲しい。

    • By a

      Steam版なら プロパティからローカルファイル→ゲームファイルの整合性を確認 で治る”はず”。自分はこれでエラー落ちなくなった

コメントする