神々しい彼女はどう生まれたのか? 『オーバーウォッチ2』シーズン2 プレミアム・バトルパス報酬「ゼウス」誕生の裏側公開

神々しい彼女はどう生まれたのか? 『オーバーウォッチ2』シーズン2 プレミアム・バトルパス報酬「ゼウス」誕生の裏側公開

本日2023年1月14日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch 2(オーバーウォッチ 2 )』 のニュースページを更新。シーズン2のプレミアム・バトルパス ティア80の報酬として実装されたジャンカー・クイーン専用ミシックスキン「ゼウス」誕生の裏側が公開されました。

ジャンカー・クイーン用ミシック・スキンの神々しいデザインができるまで

以下では、今回公開されたシニアVFXアーティスト「グレッグ・ノウルトン」氏の発言を中心に、プレイヤー目線で気になる点をまとめています。

女王にふさわしい視覚効果

  • ミシック・スキンとレジェンダリー・スキンの最大の違いはアップデートされた視覚効果とカスタマイズ要素
  • ジャンカー・クイーンの装備は、もともとスーパーチャージされた電流が多く使われているので、今回のゼウスをテーマにしたスキンではそれを更に強調していくことに。
  • 雷とクイーンの共通点と言えばロックンロール、ミシック・スキン「ゼウス」の設定にぴったりだった。
  • アルティメットは、金属と電気が渦巻く危険な嵐をイメージした演出に変更。雷を射出するだけでなく、磁力ガントレットで電気を従えている。
  • こういったアイデアを創出し、ゲームに実装することは、「オーバーウォッチ」開発チームの多くの部門が携わる多角的なプロセス
    • 必然的に、制作中は何度も検討を繰り返す。ゲームプレイの快適さを優先しつつ最大限のグラフィック演出をするには?ヒーローのアイデンティティを保つには?スキンによって有利不利が生まれないようにするには?など。

女王から神への変貌

  • ゲームに新しいコンテンツを追加するにあたって、複数のプラットフォームでゲームを動作させるために必要なメモリを意識する必要がある。
  • メモリに負荷をかけたくないので、視覚効果用の新しいテクスチャを作る際は、その都度イノベーションを起こし、常にゲームのパフォーマンスを優先している。 
  • 基本理念としてゲーム中にプロシージャル生成(自動生成)のテクスチャを使わないようにしている。そのため、ほぼすべてのテクスチャが手書き。グレーシーのターゲットに落ちる雷はいい例であり、雷自体は手書きで独自のシェーダーを追加している。
  • チームはミシック・スキンによって勝負に有利不利が出ないようこだわっている。
  • 味方はスキンの新しい視覚効果を全部見られるようになっていますが、敵として出会った場合は、すべての新しい視覚効果に慣れなければいけないということはない
    • 「どういうことかと言うと…例えば角を曲がった先にルシオがいたとします。この場合でも、彼の弾を見れば姿を見ずともルシオだと分かりますよね。つまり、弾も彼のデザインの一部なんです。だから、新しいテクスチャを作る時には、元のヒーローが誰か分かる必要がありますし、そのヒーローの雰囲気に合ったものにしなければなりません。弾を撃っているのが誰なのか、プレイヤーにひと目で伝わらなければなりません」

ミシック・スキンを作る神話級のチーム

  • ミシック・スキンを作るためには視覚効果だけでなく、あらゆる部門が噛み合う必要がある。
  • コンセプトアートはみんなのインスピレーションとなり、VFXチームはそれを元に『オーバーウォッチ』の世界に違和感なく存在できるものをのびのびと構築。
    • コンセプトアート、モデリング、テックアート、VFX、SFX…どの部門もストライク・チームの一員として協力し、お互い新たな発想を生み出し、アイデアを形にして新しいミシック・スキンの独自の体験を作り出している。
  • チームがヒーローを作る際にバックエンドに工夫を凝らしてくれたからこそ、ミシック・スキンのようなスキンを制作できている。ミシック・スキンのシステムはゼロから作り上げたものではあるが、素晴らしいツールとチームのおかげでこういった楽しい要素をゲームに追加できる。
  • 「オーバーウォッチ」ではこういった機能が実装できなかったため、ミシック・スキンは「オーバーウォッチ 2」独自の要素となっている。
  • バックエンドの改良のおかげで、ヒーローのスキンを変える感覚で見た目や効果を変えられるようになった。ヒーローは既にプレイ可能で、それぞれに独自の視覚効果キットが確立されているため、チームにはミシック・スキン『ゼウス』のような別パターンの見た目を追求できる。 

「ジャンカー・クイーン用ミシック・スキンの神々しいデザインができるまで」の全文は、ニュースページをご確認ください。また、シーズン1のプレミアム・バトルパス ティア80の報酬として実装されたゲンジ専用ミシック・スキン「サイバー・デーモン」誕生までの裏側についてもニュースページで公開されています。

  • タイトル:Overwatch 2(オーバーウォッチ2 )
  • 発売日:2022年10月5日
  • 対象機種:PC / Xbox Series X|S, Xbox One / PS5, PS4 / Nintendo Switch
Logicool G
¥24,900 (2023/02/02 13:48時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\お買い物マラソン開催中!/
Rakuten
\ポイント5%還元中/
Yahoo!

Source:Overwatch 2

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    スキンは良いよ。良いんだ。良いんだけど…
    う る さ い

コメントする