\ Amazonポイント最大10%UP /

海外大荒れ:『Escape from Tarkov』開発スタジオが「データマイニング禁止」声明を発表、アカウントBANなどの措置開始

海外大荒れ:『Escape from Tarkov』開発スタジオが「不正なデータマイニング禁止」声明を発表、アカウントBANなどの厳しい措置を開始
  • URLをコピーしました!


続報:ETF:なぜ「データマイニング禁止」は過剰に荒れたのか? 日本エミッサリーにその理由とタルコフの未来を聞く

ハードコアなサバイバルFPS『Escape from Tarkov(エスケープ フロム タルコフ)』の開発スタジオであるBattlestate Games(BSG)は、日本時間6月24日に「不正なデータマイニングに関する公式声明」を発表。

その内容は、データマイニングの禁止や、データマイニングで得た情報共有の禁止、この発表時点から違反した個人アカウントに対しBANを含めた措置を行っていくといった内容。海外コミュニティはこれに大きく反発する騒動となっている。

CONTENTS

Battlestate Gamesのデータマイニングに関する声明

情報の不正なデータマイニングに関する公式声明」としてタルコフ公式Twitterにて掲載された文章は以下の通り。

データマイニングとは、膨大なデータセットから情報を抽出することと定義されています。言い換えれば、ユーザーには意図的に隠している情報を抽出するために、ゲーム内のコードやデータベースに不正に侵入することです。

データマイナーは、コードを逆コンパイルして解読し、クライアントとサーバー間のトラフィックを傍受し分析をしています。データマイニングツールは、ゲームに関するデータを収集するために、ゲームファイルを解凍してレビューすることが多く、主にプレイヤーがPCに新しいデータを大量にダウンロードするアップデートの時期に行われています。

データマイニングの一例は、特定の位置における特定のボスの出現確率(%)を共有したり、クエストの条件や報酬を、それがゲームに登場する前に共有したりすることです。こうした行為は、ゲームをしていて「おお!」と驚く要素を消してしまうだけでなく、ゲームをより予測可能なものにするものであり、開発側のビジョンに沿ったものではありません。

ここ数年、さまざまなウェブサイトやソーシャルメディアのアカウントで、マイニングされたデータの出回るようにんりました。『エスケープ フロム タルコフ』の開発スタッフがゲーム内の隠された変更に関する情報を共有しないと考えるプレイヤーもいますが、正式な許可なしにデータを取得することは、ライセンス契約第4.2.2、4.2.5、4.2.11、4.3.4条に直接違反することを再確認したいと思います。

また、プレイヤー目線ではデータマイニングは良いものだ” というありがちな誤解を解くとともに、なぜさらなる変更が必要なのか、皆さんに理解を深めていただきたいと考えています」

1. リークとティザーの違いを理解する

「私たちBattlestate Gamesは大抵の場合、多くの情報をリークしすぎることなく次回のアップデートにプレイヤーに参加してただくために、投稿するティザー(※最新情報のチラ見せ)に関して理解を求めています。これは実際に非常に人気のある手法で、多くのゲーム企業が企業とユーザーの両方に損害を与えることなく、コミュニティを盛り上げるのに役立っています」

2. データマイニングを支持しない人へ不公平な優位性を与える可能性

データマイニングを支持し、自分の動画で情報を共有するのは、長い目で見たときに自分のコンテンツの支えにはなりません。実際には、裏でゲームから情報を取得している特定の人物を支援することになります。この点に加え、データマイニングは開発チームの一部にとっても公平なものではありません。多くの人々が長い間取り組んできた注目要素が、アップデート初日にデータマイナーによって明かされてしまうのですから。

もし特定の情報を探しているのなら、Battlestate Gamesがサポートする公式リソース「Wikia」がありますWikiaリンク)。更新頻度や速度は劣るかもしれませんが、ここでは不正なツールは使われていません。Wikiは完全なコミュニティ主導によるプロジェクトでもあり、いつでもより経験豊かなプレイヤーからの助けにより、最新の情報を得ることができます。

私たちは今後も透明性を保つとともに、変更点やアップデートに関する情報については、プレイヤーが直近の開発フローを常に把握しておくのに十分と思われる情報量を共有すべく邁進します。

本声明の発表時点より、私たちはマイニングされたデータを共有しているすべての個人に対して行動を開始します。これにより、データマイニングあるいはデータマイニングに由来するデータの共有に関与したすべてのゲーム内アカウントはBANされ、また、関与したプラットフォームは警告を受けた後、さらなる措置が講じられることとなります。

私たちは、企業側の意図した通りにイベントやゲーム、そして開発を楽しみたいと思っているコミュニティの大多数の人々のためにこうした措置を取ります。

引き続き皆さんからのご支援に感謝を申し上げますとともに、タルコフの未来、そして皆さんの参加を楽しみにしています」

EFTの著名なデータマイナーは謝罪

この件で注目されているのは、これまで海外公式Wikiを含めタルコフコミュニティーに多大な「貢献」をしてきたデータマイナーの1人LogicalSolutions。彼のコメントは以下の通り。

「私に悪意はなかったとしても、ETS(先行テストサーバー)に関わるDiscordでの投稿については、私が間違っていたことを理解し、同意します。ニキータ氏とBSGとの関係を修復する可能性があることに感謝し、うれしく思います。そして、より良いコミュニティー体験を提供するために、BSGチームと共に前進していけることを期待しています。この2日間、ジェットコースターのような時間と感情の中、強くサポートをしてくれたコミュニティーに大きな賞賛と感謝を捧げます。私は、BSGとTarkov Changesが、彼らの情報の境界線を押し広げることなく、コミュニティー全体に利益をもたらすような折り合いをつけることができることを心から望んでいます」

現時点では本人はBANされていないBANされた後に解除されたが、自分の誤りを認めており、今後自身のアカウントやサイトなどで発掘した情報を開示しないと解釈できる。

海外コミュニティは大荒れ

Redditのタルコフサブレへは、Battlestate Gamesからの声明が発表された直後から、1,000件以上のコメントが集まる騒動に発展。賛成票の多いコメントは、どれもBattlestate GamesやNikita氏への罵詈雑言とダメ出しばかりで建設的な議論になっておらず、目も当てられない状態となっている。

  • 「このゲームが何年も生きながらえている主な理由がデータマイナーたちにあることを、Battlestate Gamesは分かってない。Wikiもアモチャートもないんじゃプレイできないだろ」
  • 「あいつら(データマイナー)は、本来なら既にゲーム内にあるべき基本的な情報を書いておくっていう仕事をしてたのに、Battlestate Gamesは本当に●●だな」
  • 「チーターよりもデータマイナーと戦っていくつもりなんだね」(※訳注:チート対策もやっている

今回の声明のTwitterへのリプライは以下のようなコメントがイイねを集めている。

  • 「ゲーム上のタスクに何が必要なのかの明確な記載がないのに、どうタスクをこなせばいいのか、どうやってみんなに知ってもらうの?」
  • 「勝手に怒ってろ。正確なパッチノートを掲載すればデータマイニングの必要がなくなるかもしれないぞ」
  • 「あんたらは何年も変更内容を隠して、適切なパッチノートを出すことを拒否してきた。だからLogicaISoIutionのような人たちがあんたらのために数え切れないほど働いてきたのに、これがそのお返しなのか?」

もちろん気にしない & 受け入れるプレイヤーはそこまで声を上げないので、おそらくそういったプレイヤーも多いだろう。

日本コミュニティは落ち着いた対応

片や日本のタルコフコミュニティは、海外とは違って落ち着いて受け止めているようだ。今回の声明を尊重し、Discordサーバーのルール変更を行うなどの自治が行われている。しかし、日本人でも開発側への不満をあらわにするプレイヤーの姿もやはり一定数は存在している。

硬派かつユニークなゲーム性で注目を集め、今やTwitch配信などでも人気カテゴリーの1つとなった『Escape from Tarkov』。当然、Battlestate Gamesも長期間の議論の末に下した決断だと思われるが、コミュニティに投じられた今回の声明が今後どのような影響を与えていくのか注視していきたい。

続報:なぜ炎上したのか?

日本のエミッサリーに、なぜ「データマイニング禁止」は過剰に荒れたのかを伺った。

あわせて読みたい
EFT:なぜ「データマイニング禁止」は過剰に荒れたのか? 日本エミッサリーにその理由とタルコフの未来... 参考:海外大荒れ:『Escape from Tarkov』開発スタジオが「データマイニング禁止」声明を発表、アカウントBANなどの措置開始 2023年6月、開発元 Battlestate Games(BS...

UPDATE 2023年7月1日:より正確な内容にするためいくつかの追記・変更を加えました。

  • Escape from Tarkov(エスケープ フロム タルコフ)
  • 対象機種:PC(公式
Logicool G
¥32,200 (2023/09/21 02:40時点 | Amazon調べ)
\Amazonポイント最大10%UP/
Amazon
\楽天ポイント最大11倍/
Rakuten

Source: Twitter

海外大荒れ:『Escape from Tarkov』開発スタジオが「不正なデータマイニング禁止」声明を発表、アカウントBANなどの厳しい措置を開始

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (15件)

  • リバースエンジニアリングやログ取得とか普通に真っ黒だな
    なんでそんなゴミカスどもが上から目線なんだか

  • 駄目に決まってるけど便利だから支持してる連中が大騒ぎしてるって事でしょ?モラル無さすぎて草。

  • データマイニングってどのゲームでも見るし、アプデ情報をそれで知ったり出来るゲームすらある。自分も情報見たりするけど、データマイニングはグレーどころか違法だったのか…

  • にわかで申し訳ないですが、ダメージや貫通力はカスタムマップで検証できないのですか?

  • これを支持するってことはつまりTarkov wikiの弾のダメージや貫通力もNGって事になっちゃうんよね?
    ゲーム内での記載って口径や弾速と出血確率だけだったような…
    いやさすがに明かさない情報が多すぎる割にこれはキツイよ

  • 一番内部データを熟知してるチート業者はノータッチなのがね…

  • wikiを開きながらじゃないとまともに遊べないゲーム性をハードコアと称して売りにしてたんじゃないの?
    弾の貫通力もそうだしタスクのためにボスやアイテムの湧き率や場所を知らないことにはどうしようもない

  • まぁデータマイナー対策もいいが、より悪影響与えてるチーターを真剣に対策しろよ。
    金もらったから後は知らんってのが透けてんだよ。

  • リバースエンジニアリングみたいなもんなんだから本来的に駄目に決まってるやん
    マスクデータを少なくしろって主張は理解できなくもないけどね

1 2

コメントする

CONTENTS