近未来強盗FPS『Den of Wolves』発表!

基本無料FPS『カウンターストライク2(CS2)』:NVIDIA Reflex有効化でシステム遅延を最大35%削減可能

NVIDIA GeForce - Counter-Strike 2 GeForce Powered NVIDIA Reflex Low Latency Mode [96jRLXyjeao - 1280x720 - 1m46s]
  • URLをコピーしました!

匂わせを挟みつつも突如正式リリース(Steam)された『Counter-Strike 2(カウンターストライク2/CS2)』だが、NVIDIAは『CS2』の開発元であるValveと協力し、システム遅延を最小限に抑えたNVIDIA Reflexの比較映像を公開した。

NVIDIA Reflexがきちんと有効化されているのかの確認方法も、あわせてチェックしよう。

CONTENTS

『カウンターストライク2』の遅延を減らそう

『カウンターストライク2』 のような競技系FPSゲームでは、「より高いフレームレートとより低いシステム遅延」にすることで、迅速な索敵と素早い反応が可能で、エイム精度も高めることもできる。NVIDIAが公開した以下の映像で確認すると、大きな差があることが分かる。

CS2 低遅延テスト映像

NVIDIAのGeForce RTX 40シリーズ(Amazon.co.jp 公式ページ)は、NVIDIA Reflexによる最小限の遅延となる15ミリ秒未満のシステム遅延と最高のfpsにより、究極の『カウンターストライク2』 体験を提供するとしている。

fps(フレームレート)とは?

fpsはframes per secondの略で、秒間何枚のフレーム(画像)で構成されているかを示す単位。パラパラ漫画だと思えばイメージしやすく、多いほどなめらか。「60fps」などと使う。

NVIDIA Reflexを有効化する方法

CS2-counterstrike2-2
パフォーマンスの比較表

ゲーマーはNVIDIA Reflexを『CS2』内から有効化することで、システム遅延を最大35%削減することができる。筆者の場合は初期状態から有効化されていたが、念のため以下を確認しておこう。

  1. 『CS2』の設定(歯車マーク)をクリック
  2. 「Video」
  3. 「Advanced Video」
  4. 最下部の「NVIDIA Reflex 低遅延」が「有効」になっていればOK
  5. なっていなければ「有効」に
基本無料FPS『カウンターストライク2(CS2)』:NVIDIA Reflex有効化でシステム遅延を最大35%削減可能 NVIDIA GeForce Counter Strike 2 GeForce Powered NVIDIA Reflex Low Latency Mode 96jRLXyjeao 128
NVIDIA Reflex の設定項目は奥深くにある

NVIDIA Reflexは現在、毎月5,000万人以上のプレイヤーに使用されており、トップ10の競技シューターゲームのうち9つで利用可能。GeForceゲーマーの90%が80以上の対応タイトルで有効化している。

本当に効果ある? 遅延を測定してみよう

『カウンターストライク2』で遅延をテストしたい場合、正確な結果を得るためにNVIDIAの遅延測定ツール「FrameView アプリ」 がおすすめ。さらにマニアックなテストをしたい場合は、同じく遅延測定ツールの「NVIDIA Latency Display Analysis Tool (LDAT)を利用するとよいだろう。

『Counter-Strike 2』: Leveling Up The World

基本無料FPS『Counter-Strike 2(カウンターストライク2)』は2023年9月28日配信で、対象機種はPC(Steam)。

Source: Pressrelease

NVIDIA GeForce - Counter-Strike 2 GeForce Powered NVIDIA Reflex Low Latency Mode [96jRLXyjeao - 1280x720 - 1m46s]

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメントする

CONTENTS