サイコブレイク:18禁のグロテスクな「ゴアモード」の、海外版との比較が登場

サイコブレイク:18禁のグロテスクな「ゴアモード」の、海外版との比較が登場

2014年10月23日の発売日が迫る、三上氏の新作サバイバルホラー『PsychoBreak(サイコブレイク)』ですが、予約購入特典としてCERO Z相当のグロテスクな表現が解禁されるDLC「ゴアモード」と(通常版はCERO D)、海外版サイコブレイク『The Evil Within』の比較画像が公開されました。


「ゴアモードDLC」は規制を回避するこれまでにないユニークな発想ですが、海外版よりは人体欠損表現などが控えめになっており、グロテスク具合は通常版よりもゴアモード、ゴアモードよりも海外版となります。

プレイヤーキャラクターの死亡演出 1

サイコブレイク-ゴアモード版
ゴアモード版
サイコブレイク-海外版
海外版

プレイヤーキャラクターの死亡演出 2

サイコブレイク-ゴアモード版2
ゴアモード版
サイコブレイク-海外版2
海外版

死体・遺体の分離欠損の有無

サイコブレイク-ゴアモード版3
ゴアモード版
サイコブレイク-海外版3
海外版

「ゴアモードDLC」は18歳以上の予約者対象で、設定によりオン・オフが可能。(関連エントリ

なお「ゴアモード」を適用していない通常の日本語版は、ヘッドショットで頭部が吹っ飛ばなかったり、爆発で敵の四肢がバラバラにならない、死体がシーツで隠されるなど更に抑えられた表現になっており、グロテスクな演出が苦手なプレイヤーでもプレイできるようになっています。

サイコブレイク TGSトレーラー2014

Source: 4Gamer.net