周辺機器メーカーの「Mad Catz」が倒産・消滅。再建の見込みは無し

周辺機器メーカーの「Mad Catz」が倒産・消滅。再建の見込みは無し

今日は4月1日でエイプリフールですが、残念ながらジョークではないようです。

ゲーム周辺機器の製造/販売を手がけるMad Catz Interactive(マッドキャッツ インタラクティブ)は、連邦倒産法第7章の適用を申請。業務停止と資産の売却を開始したことを発表しました。

同社は以前からCEOと会長の辞任や37%もの社員のリストラ、会社の売却も含めた再建を模索していましたが、それも断念。同社取締役および役員は同日辞任したと報告されています。

連邦倒産法第7章の適用申請は、同社は再建する意志がないことを意味しており、精算と共にMad Catzが消滅することを意味します。

Mad Catz

Mad Catzは1989年設立の周辺機器メーカーで、主に格闘ゲーム向けのアーケードスティックで知られていました。また独特のメカニックなデザインをしたマウスやゲームパッドにも根強いファンがいます。

かつては梅原大吾氏と最初のスポンサー契約を結び、フライトシミュレーションゲーム向けの製品で有名なSaitekや、ゲーミングヘッドセットで有名なTRITTONを買収するなど大きな成長を遂げていた同社ですが、近年は厳しい経営状況が続いていました。

周辺機器メーカーの「Mad Catz」が破産

とりわけ音楽ゲーム『Rock Band 4』の売上不振や、開発のHarmonixとの契約終了によって大きな損失を計上。また、アーケードスティック「ARCADE FIGHTSTICK Tournament Edition」開発に携わり、ウメハラ氏を含むプロゲーマーのサポートにあたったマークマンことマーク・ジュリオ氏の解雇や、Logitech GによるSaitekの買収なども重なり、今回の破産へと至ったようです。

現在もMad Catzの公式サイトは閲覧可能ですが、今後の国内の製品サポートなどについては明らかにされていません。

Source: Polygon

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By mtkk

    前に使ってみようかなと思ってゲーミングマウス買ったら1年くらいだった頃突然うんともすんとも言わなくなったなあ

コメントする