PUBG: ゲームファイルの編集が禁止に、ini編集で霧の無効化をしているプレイヤーは要注意

PUBG: ゲームファイルの編集が禁止に、ini編集で霧の無効化をしているプレイヤーは要注意

9月のアップデートにて新武器や新天候「霧」の追加などが行われた『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』ですが、ゲームファイルの編集が禁止となることが判明しました。

これによりパフォーマンスの低下を防ぐためにゲームファイルを編集して霧を消す行為自体も禁止となることになります。霧は非表示を行えないように後処理によって常に描画されており、描画を消すにはiniファイルの編集が必要でした。

公式サイトの該当するFAQ項目を訳したものが下記。

コンフィグファイルを編集しても大丈夫?
ダメです。不公平なアドバンテージを得るためにゲームファイルを編集するのは、いかなるゲームファイルにおいても利用規約に反する行為となります。これには、ゲームのコンフィグファイルのいずれかを編集することで、ゲーム内の設定メニューから行えない変更を行う行為も含まれます。

禁止行為ということで、1回目の違反で即時BANとなるかどうかは不明です。おそらく1回目の違反ではアカウントの一時停止などが妥当な対応とも思えます。

しかし、これまで15万人ものチーターをBANし、24時間で8,000人以上ものBANを行った実績のあるBlueholeなので、違反が認められた場合は容赦ない制裁が加えられる可能性もあります。

iniファイルの編集を行っているプレイヤーはすぐにデフォルトの状態に戻してプレイすることをオススメします。

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPCで、現在Steamで早期アクセス実施中。

Source: Eurogamer

  • ert

    いいね カウンターストライクもこの仕様でいいのに