年に1度のAmazonプライムデー

1デスすると2度とプレイできない、リアル過ぎるFPS『One Life』

SteamのGreenlightへ、ゲーム内で1度でもデスしてしまうとプレイ自体が2度とできなくなってしまうというリアル過ぎる新作FPS、その名も『One Life(ワンライフ)』が登場、話題となっています。

CONTENTS

超ハードコアFPS

ゲームは比較的オーソドックスなマルチプレイヤー・サバイバルゲームですが、その特徴は開発者自身が「超ハードコア」、「真のサバイバル」と説明する「Permadeath(永久の死)」。

Steamに紐付けれた『One Life』は、デスするとアカウントがロックされ起動自体ができなくなるばかりか、再度購入することもできないという徹底ぶりで、まさに一生に1回しかプレイできないFPSとなっています。

『One Life』トレイラー

One Life

気になる世界観やゾンビのようなイメージ、クラフトシステム、特徴的な「ドミネーション」システムで捕虜におしっこをかけたりと色々な楽しみ方も出来ますが、それこれも1回のミスで全てパー。その世界観は2度と味わえない、まさに超ハードコアなゲームです。

『One Life』スクリーンショット

1482614842965453999

534994203_preview_ScrC

534994203_preview_ScrZ

534994203_preview_Scr4

534994203_preview_Art3

534994203_preview_Art2

安心してください。ゲーム開始直後は拠点かつ安全地帯の「トラック」内でスポーンするため、開始後に即終了とはなりません。ただし生き急げば5分後に終了させることは可能。

Steamの返金システムとの絡みも気になる『One Life』。もしリリースされたら、あなたはいくらで買いますか?

Source: kotaku

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (18件)

  • これの活用法って、例えばアカウント数一万から始めて、半年後に何人が生存しているかをドキュメンタリー方式でYouTubeで配信したりするアメリカドラマのゾンビものみたいな感じかなぁ。

  • むしろそういうゲームはFPSじゃなく、オープンワールド系でやればいいのに。というかマルチなんて絶対早々に過疎るの決定みたいなゲームじゃない。システム的に人数をふやせない。

  • 誰もが一度は考える
    こんなゲームあったら楽しいんじゃね
    ってゲームが何故でないかを考えなかったゲーム

    無料だったとしても再度プレイ出来ないんじゃ
    プレイ出来る人がいない

  • 思わずゲームで死んだらプレイヤーも死ぬFPSを想像してしまった

    参加で1000万
    1killで500万貰えるFPS

  • 斬新だけどそれが良いゲームを殺してるとしたらなんか残念
    リスポーンできる版とかは絶対出ないだろうし

    • スチームはアカウント移行出来ないんじゃなかったか

    • ファミリーシェアリングしたら普通にプレイ出来そう

1 2

コメントする

CONTENTS