CoD:BO3:史上最大のゾンビマップ“Shadows of Evil”、電車や運河など様々な移動方法を用意

CoD:BO3:史上最大のゾンビマップ“Shadows of Evil”、電車や運河など様々な移動方法を用意

Treyarchのジェイソン・ブランデル氏は、『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』のゾンビマップ“Shadows of Evil”へ、様々な移動方法や多数のイースターエッグが仕込まれていることを明らかにしました。

これはOfficial Xbox Magazineの最新号で明かされたもので、ゾンビマップ“Shadows of Evil”の街は複雑で巨大なマップとなっているものの、マップ内を移動するための方法として、運河や足場、路面電車が用意されているとのこと。

screen480x480

海外では「運河は泳げるのかな?」、「Tranzit 2になりませんように…」、「Tranzit 2なら改善されてるといいなあ」といった声が寄せられています。

Black Ops 2 Zombies: Tranzit w/Randoms & Syndicate! (Part 1)

また、この史上最大のゾンビマップには、これまでで最も多くのイースターエッグが用意されていることも明かされています。過去のゾンビモードの約5倍、2年半もの期間をかけた本作のゾンビモードは、その規模はもちろん、重厚な体験にも期待できそうです。

『CoD:BO3』の対象機種はPS4、PS3、Xbox One、Xbox360、PCで、発売日は2015年11月6日。

Source: gamesradar